フリーターから就職するための情報源について掲載しています。未経験から正社員への就職。収入が安定しないフリーターから正社員へ就職するために活用した情報源。フリーターからの就職、現状ではまだまだ厳しい状況が続いています。しかし、正社員へ就職を決めている方も多いのも現実です。フリーターの就職について掲載しています。

20代 女性フリーターの就職

20代 女性フリーターが就職するには

20代女性フリーターが就職したいと考えた際、おすすめの就職サイトをご紹介しています。

フリーター歴が長くても大丈夫、しっかりと就職支援をしてくれるフリーター向けおすすめ就職サイトとなります。

女性向け求人、職種の求人情報が多く見られる就職サイトですので、ぜひ活用して就職活動に取り組んでみてはいかがでしょうか。

20代 女性フリーターおすすめ就職サイト

20代 女性フリーターおすすめ就職サイトをご紹介しています。

これからの就活にぜひ活用してみてくださいね。

DYM就職

DYM就職

相談からの成功率96%!DYM就職

DYM就職は既卒・フリーターの就職に強く、女性フリーターの就職支援も実績が多数あります。未経験歓迎求人多数、そして書類選考なしで面接までセッティングしてもらえるので、就職成功率が高いのが特徴です。

東京や大阪、名古屋の他、福岡、札幌、仙台などにも拠点があります。

就職Shop

求人数トップクラス!女性の利用も多い就職shop

就職shopはリクルートキャリアが運営する若者向け就職支援サービス。扱うのは未経験歓迎の求人中心で、就職成功した人の4人に3人は正社員未経験!

企業紹介の際は書類選考ではなく面接からスタートす。「人物重視」で面接をしてもらえる企業ばかりです。女性の利用も多い就職支援サイトです。

ハタラクティブ

ハタラクティブ

幅広い業界・職種の求人が魅力のハタラクティブ

20代、女性フリーターも多く利用して仕事探しをしています。未経験OKの求人案件が豊富です。未経験から正社員を目指したい、異業種から転職したいという女性にオススメです。

首都圏・大阪エリアに強いので、こうしたエリアでの就職を希望する女性フリーターはぜひ活用してみてください。

女性も20代でフリーターから正社員就職した方が良い理由

「フリーターを辞めて、そろそろ正社員になりたい」

というフリーター女性が実際に就職活動をする際に役立つ就職サイトをご紹介していますが、できることなら20代、それも1歳でも若い年齢の間に就活をスタートした方が正社員就職できる可能性が高くなります。

その理由は「未経験者を育てる大変さ、職場での扱い」などにも理由があります。

未経験者を中途採用するということは、採用後に教育をすることが必要です。
職歴なし・社会人未経験といったフリーターを採用する場合には、さらに社会人としてのビジネスマナーも教えないといけませんから、より大変です。

仕事を教える先輩社員の生産性もかなり下がる事が予想されます。

仕事に必要な知識を吸収し、スキルを身に付けるのはやはり若い方が柔軟性が高く、向いています。
そのため、未経験者採用は20代まで、
企業によっては27歳まで、といったように求人票には掲載出来ませんが、年齢の基準も決めていることは多いといえます。

30代は即戦力のみ中途採用する。
そうした企業は多いです。

そのため、女性フリーターも正社員就職を目指すのであれば、少しでも正社員就職しやすい20代が良いということになります。

出産後も働きやすい会社への就職

女性の場合には、さらに結婚・出産について考える人事担当者は多いです。
就活時に結婚の予定が決まっている女性フリーターも多いでしょう。

今は共働き、女性も正社員として働きしっかりと収入を得ていることが重視されることも多いですからね。

将来のことは分かりませんが、企業としては女性を採用する際には結婚・出産も考慮することは多いです。

出産前、出産後は一定期間は仕事は出来ませんから、その期間どうするかといった問題もありますね。

ホワイト企業の場合には特に多く、女性が長く働きやすい環境を整えています。

復職もしやすいように体制が取られている事も多いので、求人へ応募する前に「子育てをしながら働く女性の割合」「復職している女性社員」などについても確認してみると良いかもしれませんね。

30代になってから出産・子育てのために退職をすると、復職したくても正社員では就職先がなかなか見つからないという現実があります。

就職を考える場合には、できるだけ女性が働きやすい、仕事を続けやすい環境のある企業を選べると良いですね。

女性フリーターが就職しやすい職種について

女性フリーターが未経験から正社員になりやすい仕事を考えた場合、例えば、次のような仕事があります。

・販売・サービス職
・事務職
・営業職
・介護職
・ITエンジニア職

他には女性が歓迎される仕事(女性が働く比率が高い仕事)もあります。

ネイリスト、エステティシャン、ブライダルコーディネーター、ツアーコンダクターなどもあります。

フリーターから正社員として就職を目指す場合、まず自己分析をしてみることが大切です。

自分の強み・弱み、適性、興味のある仕事、やりたい仕事・やりたくない仕事、といったことを明確にしてからでなければ良いなと思った仕事に手当たり次第に応募することになってしまうかもしれません。

そうなると、志望動機も浅くなりがちですし内定獲得は難しいでしょう。

女性の就労者数が多い業界を狙うのも一つの方法と言えますね。

参考:産業別就業者数|早わかり グラフでみる労働の今|労働政策研究・研修機構(JILPT)

を見ますと、

・医療、福祉
・卸売業、小売業
・製造業

の3つで女性就業者の52%が働いています。

女性が採用されやすいということを意味しますから、未経験フリーターからでも他の業界よりも就職しやすいでしょう。

女性フリーターが就職しやすいのは何歳まで?

20代、女性フリーターの就職に関するページです。

就職のしやすさで言えば、もしかすると男性の方が有利かもしれません。特に30代、40代に入れば、「正社員で働きたくても書類審査に通らない、面接を受けても採用されない」という話を聞きます。

今までのキャリアにもよりますが、年齢が上がれば上がるほど、正社員になりづらい現実が待っているかもしれません。

その分、パートとしては採用されやすいですね(男性はパート雇用されづらい)

そのような全体的な傾向はありますが、20代のうちはフリーターのみの職歴でも、就職できる可能性が高いですよ。

特に20代前半なら、早期に就職できるチャンスも多いと思います。27歳、28歳、29歳と20代後半になれば、志望する業界の資格を取得したり、今までのバイト歴を最大限活かす必要があるかもしれませんが、それでも30代と比べれば就職しやすいです。

実際、20代女性フリーターの就職成功例(ハタラクティブの利用者)を見ても、

  • 携帯キャンペーンガール → デパートの販売員
  • 雑貨店バイト → 大手アパレルメーカーの受付

上記の体験談が掲載されていましたし、他にも多数の20代女性フリーターが就職に成功していますね。

詳しくはハタラクティブの公式ページをご覧ください。

ハタラクティブ

他に、20代の女性フリーター向け就職支援サービスとしては、

女子カレッジ

なども正社員就職では多くの実績を積み重ねています。

女性は事務職に採用されやすい?

以前、ハローワークの職員が、

「女性は事務職、男性は営業職のニーズが高い」

と言っていました。

私が働いていた会社でも、経理事務や総務事務の正社員は女性ばかりでしたね。大企業は違うのかもしれませんが、中小企業は女性メインの事務部門が多いと思います。

もちろん女性の営業職もいますし、前述したように販売員や受付係など、20代女性が活躍しやすい職業もあります。

大切なのは、「どのような仕事に就きたいか?」をぼんやりでもイメージした上で、民間の就職支援サービスを利用することですね。

イメージが沸かなくても、担当者と面談できる就職支援なら、その過程で具体化するでしょう。

仮に20代前半で経理事務を目指すなら「未経験・無資格でも採用されやすい」と思いますが、20代後半なら簿記資格が必要かもしれません。その辺りは実際に就活しなければ分からない部分ですね。

自分ひとりで考え続けても結論は出ませんから、仕事探しという貴重な第一歩を踏み出して下さい。

サポート型の就職支援サイトなら気軽に相談できますし、心強いパートナーになってくれますよ。

正社員求人はココで見つける!オススメサイトをチェック