フリーターから就職するための情報源について掲載しています。未経験から正社員への就職。収入が安定しないフリーターから正社員へ就職するために活用した情報源。フリーターからの就職、現状ではまだまだ厳しい状況が続いています。しかし、正社員へ就職を決めている方も多いのも現実です。フリーターの就職について掲載しています。

20代 女性フリーターの就職

女性フリーターが就職しやすいのは何歳まで?

20代、女性フリーターの就職に関するページです。

就職のしやすさで言えば、もしかすると男性の方が有利かもしれません。特に30代、40代に入れば、「正社員で働きたくても書類審査に通らない、面接を受けても採用されない」という話を聞きます。

今までのキャリアにもよりますが、年齢が上がれば上がるほど、正社員になりづらい現実が待っているかもしれません。

その分、パートとしては採用されやすいですね(男性はパート雇用されづらい)

そのような全体的な傾向はありますが、20代のうちはフリーターのみの職歴でも、就職できる可能性が高いですよ。

特に20代前半なら、早期に就職できるチャンスも多いと思います。27歳、28歳、29歳と20代後半になれば、志望する業界の資格を取得したり、今までのバイト歴を最大限活かす必要があるかもしれませんが、それでも30代と比べれば就職しやすいです。

実際、20代女性フリーターの就職成功例(ハタラクティブの利用者)を見ても、

  • 携帯キャンペーンガール → デパートの販売員
  • 雑貨店バイト → 大手アパレルメーカーの受付

上記の体験談が掲載されていましたし、他にも多数の20代女性フリーターが就職に成功していますね。

詳しくはハタラクティブの公式ページをご覧ください。

ハタラクティブ

他に、20代の女性フリーター向け就職支援サービスとしては、

女子カレッジ

なども正社員就職では多くの実績を積み重ねています。

女性は事務職に採用されやすい?

以前、ハローワークの職員が、

「女性は事務職、男性は営業職のニーズが高い」

と言っていました。

私が働いていた会社でも、経理事務や総務事務の正社員は女性ばかりでしたね。大企業は違うのかもしれませんが、中小企業は女性メインの事務部門が多いと思います。

もちろん女性の営業職もいますし、前述したように販売員や受付係など、20代女性が活躍しやすい職業もあります。

大切なのは、「どのような仕事に就きたいか?」をぼんやりでもイメージした上で、民間の就職支援サービスを利用することですね。

イメージが沸かなくても、担当者と面談できる就職支援なら、その過程で具体化するでしょう。

仮に20代前半で経理事務を目指すなら「未経験・無資格でも採用されやすい」と思いますが、20代後半なら簿記資格が必要かもしれません。その辺りは実際に就活しなければ分からない部分ですね。

自分ひとりで考え続けても結論は出ませんから、仕事探しという貴重な第一歩を踏み出して下さい。

サポート型の就職支援サイトなら気軽に相談できますし、心強いパートナーになってくれますよ。

正社員求人はココで見つける!オススメサイトをチェック