フリーターから就職するための情報源について掲載しています。未経験から正社員への就職。収入が安定しないフリーターから正社員へ就職するために活用した情報源。フリーターからの就職、現状ではまだまだ厳しい状況が続いています。しかし、正社員へ就職を決めている方も多いのも現実です。フリーターの就職について掲載しています。

未経験からWEBデザイナー、必要な経験は?

個人的にホームページを作った経験のある場合は必ずアピール!

未経験からWEBデザイナーになるために、必要な経験とはなんでしょうか?

実際、WEBデザイナーとして働いている人に聞くと「特にないと思います」といわれることも多いのですが、未経験から就職を目指すに当たってはそういった意識ではやはりダメでしょう。

今までの経験を思い出し、デザインに繋がる事、普段使っているホームページの改良点、使いやすかったことなどでも良いですから、考えてみましょう。

面接でも「普段使っているWEBサービスで便利なもの、デザインが良いと思ったものはなんですか?」といった質問がされることも無いとは限りません。

WEBデザイナーとして就職に成功したいのであれば、やはり普段からの意識も少しずつ変えていく必要があると言えるでしょう。

履歴書などでもアピールできることはたくさんあります。

まず、「仕事」ではなくても、自分でホームページを作ったことのある方。

そんな場合は必ずアピールしましょう。

学生時代にサークルのホームページを作ったことがある、友達のお店のホームページを作ったことがある、趣味のサイトを持っていた、といったことでも良いです。

何であれ、自分でホームページを作ったことがある経験は、全く経験が無い人よりもプラスに受け止められます。

ブログやSNSを日常的に使っている事もアピールポイントになる

また、ブログを書いている方や、SNSを日常的に使っている方などは、それも経験のひとつです。

WEBデザイナーの力量は、どれだけ興味をもってさまざまなサイトを見るかによっても違ってきます。

当然ながら「よい見せ方」「サイトの機能性」の引き出しが多く、提案の幅が広いWEBデザイナーは、様々なサイトを日常的に観察している方が多いそうです。

そうすることで、よりよい見せ方や思わず続けて見てしまうサイトにはどんな特徴があるかを把握できるからです。

特にインターネットの世界は移り変わりが早い世界。

新しいものにも積極的に挑戦して使いこなす姿勢は、大切です。

また、自分が直接制作したわけではなくても、前職などでウェブサイトの構築に関わったり、改善要望などをとりまとめた経験のある方は、そうした経験も重要な要素になります。

WEBデザイナーの仕事は、お客様やユーザーの立場に立ってよりよいサイトを構築していくことですから、そうした意見に直に触れているのは強みになるからです。

「未経験」とはいっても、面接などの機会にアピールできる「経験」としては、上記のものが代表的なものとして挙げられます。

ぜひ、上手にアピールしてみてくださいね。

さらに確実にWEBデザイナーとして就職したい場合には、多くの方がスクールや専門学校に通ってWEB制作のスキルを身につけています。

数多くのスクールがありますから、まずは資料請求をして授業料、授業内容などを比較されると良いでしょう。

正社員求人はココで見つける!オススメサイトをチェック