フリーターから就職するための情報源について掲載しています。未経験から正社員への就職。収入が安定しないフリーターから正社員へ就職するために活用した情報源。フリーターからの就職、現状ではまだまだ厳しい状況が続いています。しかし、正社員へ就職を決めている方も多いのも現実です。フリーターの就職について掲載しています。

WEBデザイナーに向いている人

どんな人がWEBデザイナーに向いているの?

WEBデザイナーの仕事は人気が高いです。

ホームページを作っていく事に楽しさを覚える方も多く、職業訓練校やスクールでWEB制作の基礎知識を学んで就職活動に取り組む方も多いと思います。

未経験でWEBデザイナーになるためにトライしようと思う方の中には、「自分には適性があるのだろうか?」「どんな人が向いているのだろう?」と不安になる方も多いと思います。

実際の仕事の現場では問題発生、それを乗り越えていく事も多いですし、納期間際ともなれば終電まで仕事をする場合もあるなど、意外と体力が必要な職業でもあります。

ここでは、WEBデザイナーの適性・向いている人はどんな人か?について考えてみたいと思います。

好奇心旺盛で常に最新の情報をキャッチできる人

WEBデザイナーに向いている人は、まず情報感度が高く、好奇心旺盛で様々なことにチャレンジする人。

WEB制作関連の技術は流行りすたりが激しいです。そのため、常に新しい情報をキャッチし、好奇心を持って眺めてみることが大切といえます。

他の人のサイトを見て、刺激を受けることも大切です。

自分が「素敵だな」「便利だな」と思ったサイトがあったら、そこに使われている技術について調べ、自分でもできるようにするなど、細かい積み重ねがWEBデザイナーとしてできる仕事を広げてくれます。

また、「デザイナー」という言葉がつくところから、デザインセンスが求められると思う方がいらっしゃいますが、どちらかというと「使いやすい機能性」のあるデザインを考えられる人が向いています。

あくまでも、アートではなく機能性。画面の美しさを考慮しつつも、客観的な視点を持って物事に取り組める人が向いています。

また、「人の要望をくみとる力」が求められますので、コミュニケーション能力も大切な要素となります。

どんなにデザインに凝ったホームページを作ったとしても、クライアント(依頼人)の意向とは違うものを作ってしまった場合、修正ややり直しを求められることもあります。

仕事を進めながら、間違った方向に進んでいないかを確認するためのコミュニケーションも重要です。

直接、クライアントと話す機会が無い場合には、窓口となっているチームリーダーにしっかりと細かい部分も含めて質問をして作業の確認をした方がいいかもしれませんね。

後から修正が入ると行程がずれてしまい、納期に間に合わない可能性も出てきてしまいます。

以上が主なWEBデザイナーの適性です。

ただ、ここで挙げたのはあくまでも傾向にすぎません。

自分がこれらの適性に合致していなくても、WEBデザイナーの仕事が未経験でもとにかくやってみたい!という気持ちがあるならチャレンジしてみるのが良いと思います。

適性は、自分の「クセ」のようなものですから、意識して過ごすことで十分にカバーできるからです。

未経験からWEBデザイナーへの転職を目指すのであれば、30歳までにはスキルを身につけて転職活動をされると、採用される可能性はまだ見込めると思います。

やはり30歳以降に関しては企業も求めるスキルや経験値、リーダーシップなども上がりますから、中途採用は特に難しくなると考えていいでしょう。

正社員求人はココで見つける!オススメサイトをチェック