フリーターから就職するための情報源について掲載しています。未経験から正社員への就職。収入が安定しないフリーターから正社員へ就職するために活用した情報源。フリーターからの就職、現状ではまだまだ厳しい状況が続いています。しかし、正社員へ就職を決めている方も多いのも現実です。フリーターの就職について掲載しています。

年代別 正社員仕事探しの方法教えます!【20代・30代】

フリーターを抜け出したいあなたへ

正社員に就職して早くフリーターから抜け出したい!
でも、どうやって正社員求人を見つけたらいいか分からない!

と悩む20代~30代のフリーターの方へ、フリーターから正社員に就職するための方法を年代別にまとめてみました。

年代別

フリーターから正社員に就職する方法

20代
前半
のあなたはこちら
20代
後半
のあなたはこちら
30代のあなたはこちら

20代前半のフリーター

20代前半フリーターはこんな人達

新卒で就職した会社で
何年か働いたが退職した
(第二新卒)

学校卒業後も
とうとう就職先が
見つからなかった

夢に向かって
日々奮闘中

在学中に内定をもらえずに卒業後やむなくフリーターになってしまったという人達がいる一方、夢に向かってあえてフリーターを選んだ、何となくフリーターになったという人も多い20代前半フリーター。

まだ若いということで「まあ何とかなるだろう」とのんびりかまえている人が多く、よほど選り好みをしなければ実際に何とかなる事が多い年代です。

しかしだらだらとフリーターを続けていると、あっという間に「若い時期」は終わってしまいます。いずれは正社員で働きたいと考えているなら、今からきちんと将来のビジョンを見据えた就職活動をしていきましょう。

20代前半で正社員になるには 20代前半で正社員になるには

ハローワークを利用する

言わずと知れた仕事探しの定番、ハローワーク。20代前半のうちは応募できる求人も多いので、ハローワークで検索してみるとたくさんの求人がヒットすると思います。

失業保険の関係からハローワークを利用して就活を行っているという人もいますね。失業したらとりあえずハローワークに登録しておくと安心です。

公には募集をかけていない非公開求人の紹介や、コンサルタントによる就職サポートを受けたい!という方はこちらで紹介しているような就職支援サイトを利用しましょう。

第二新卒歓迎の求人を狙う

20代前半フリーターには、学校卒業後就職した会社を辞めてフリーターになったという「第二新卒」と呼ばれる人も多いと思います。

第二新卒者はすでに社会人経験があるため社会人としての一般常識等を一から教える必要がなく、なおかつまだ若いため育てやすいという理由から、積極的に採用する企業も多いです。

そのため、需要の多い今のうちに第二新卒歓迎の求人を狙っていきましょう。

第二新卒歓迎の求人を探すには、就職支援サービスのハタラクティブ、ジェイックなどもおすすめです。

20代の仕事探しに特化した就職支援サービスなので、新卒やこうした第二新卒、20代フリーター向けの求人を数多く取り扱っています。

就職活動に関するサポートも充実、また未経験歓迎の求人もたくさんあるので社会人経験ゼロという人でも挑戦しやすいです。

スクールに通ってスキルを身に付ける

本当は他にやりたい仕事があったけどとりあえず就職した、でもやっぱり諦めきれない・・・という理由で前職を辞めてしまったという方もいますよね。フリーターになった後にやりたい事が見つかったという方もいるでしょう。

そんな方は専門学校や資格スクールに通って、スキルを身に付けてから希望の業種への就職にチャレンジしてみてはいかがですか?

未経験の業界に就職するには、年齢は少しでも若い方が有利です。特にIT・WEB業界はその傾向が強いです。エンジニアやWEBデザイナーといった業種を目指すのであれば、20代前半の今のうちから行動に移しましょう。

ヒューマンアカデミーは資格取得、キャリアアップを目指す専門スクールです。

講師には各分野の第一線で活躍中のプロフェッショナルを起用。本当の実力を身に付けることが出来るよう、現役プロ講師・少人数制・クラス担任制にこだわっています。

20代後半のフリーター

20代後半フリーターはこんな人達

就職しても
すぐに辞めてしまう

責任感のある仕事を
したくない

夢の実現に向けて
頑張っている

20代後半ともなるとそろそろ結婚も考える年代。安定した正社員の職に就くために、フリーターからの脱却を決意する人も多くなります。

また「未経験の業界に転職したくてまずはアルバイトの仕事から始めた」というキャリアアップを目的としてフリーターになる人もいます。

特に目的もなく何となくフリーターを続けているという人は「そろそろヤバイかも」と焦りはじめているはず。まだ間に合うのですぐにでも就職活動を始めましょう。

20代後半で正社員になるには 20代後半で正社員になるには

アルバイト先で正社員登用してもらう

アルバイト先で正社員登用してもらうという方法もあります。

真面目にテキパキと働いていると、働きぶりを評価されて「うちで正社員にならない?」とバイト先の会社から声がかかる事があります。

また、結婚を控えている・一人暮らしで生活が苦しいなどの事情を正直に話して「何とか正社員にしてもらえないか」と直談判してみることで、会社によっては「年齢も年齢だし何とかしてあげたいな」と思ってもらえる事もあります。

こうしたアルバイトから正社員になるという方法をとりたいのであれば、「正社員登用あり」と書かれたバイト求人を探してみましょう。バイト探しには、正社員登用あり等の条件を絞って求人検索できるマッハバイトがおすすめです。

ただしいずれの場合も、ある程度の期間きちんと働いて上司からの信頼を得ているという事が前提です。働き始めたばかりでまだろくに仕事も出来ない状態から「早く正社員にして下さい!」と迫るのはやめましょう。

スクールに通って資格を取得する

ただやみくもに就職活動をするよりは、資格を取得して武器にした方が就職できる確率はアップします。

未経験の業界にチャレンジする際には特にそうですね。というより、業種によっては資格を持っている事が応募条件となっていることもあります。資格を取ったから就職できる、というよりは、最低限資格くらいはとっておかないと、というくらいの気持ちでいた方がいいかもしれません。

そのためスクールに通うのであれば、ただ資格を取ったら終わりではなく就業サポートもしてくれる所を選ぶようにしましょう。

簿記やMOSといった事務系や医療事務の資格取得を目指すのであれば、全国に教室があり就業もサポートしてくれるニチイ学館などがおすすめです。

未経験からエンジニアを目指されるのであれば、次のようなスクールなどもあります。

20代後半~30代以降向けの求人を探す

仕事によっては「これくらいの年代の人材が欲しい」という企業側の希望があることもあります。

例えば居酒屋のスタッフを募集する場合、ホールスタッフとして働くには若くてイキイキした人がいいのでよく「大学生歓迎」などとなっていますよね。しかし店長候補を募集する場合は別で、若いアルバイトの人達を取りまとめられるような年齢の人材を求めています。

また営業の仕事でも、扱う商品によっては20代前半くらいの人よりももっと落ち着いた年代にニーズがあったりします。これは若すぎるとセールストークに説得力がなくなるからですね。スクール講師の仕事などもそうで、いくらスキルが高くてもあまり若すぎると採用してくれないケースがあります。

このように、就職・転職は必ずしも若いほうが有利という訳ではなく、仕事によっては優遇される年齢層が違うこともあります。そのため20代後半で正社員求人を探すなら、こうした自分の年齢が有利となるような求人を探してみるのもいいでしょう。

求人・転職情報サイトのはたらいくは、気に入った企業に応募とは別に自分らしさや人柄でアピールできる独自のシステムがあります。

履歴書や職務経歴書でアピールできるような資格や経歴がないなぁという方も、ぜひ自分の「ひとがら」で採用担当者にアピールしてみましょう。

30代のフリーター

30代フリーターはこんな人達

正社員になりたくても
なれない、フリーターを
抜け出せない

会社が倒産・会社を
リストラされてから
再就職先が見つからない

趣味を中心とした
ライフスタイルを
送っている

30代といえば、正社員として会社勤めしている周りの友人や元同僚らが次々と昇進したり独立したりとクラスアップしていく時期。いつまでもフリーターをしている自分にかなり焦りを感じているのではないでしょうか。

もちろん病気や家庭の事情などの理由からやむなくフリーターとして働いている人もいますし、サーフィンやウィンタースポーツといった趣味を生活の中心とする生き方をするためにフリーターを選ぶ人もいます。

しかし本当は正社員で働きたいのに仕事が見つからないのでやむなくアルバイトをして生活しているという方は、少しでも若いうちに気合を入れて就活を進めていく必要があります。

30代の就活は20代の頃に比べて厳しいものとなるでしょうが、就職支援サービスなどのサポートを受けながら頑張っていきましょう。

30代で正社員になるには 30代で正社員になるには

職業訓練に通う

職業訓練とは簡単に言うと、「就職するために必要な訓練をほぼ無料で受けられる」という大変ありがたい制度です。ハローワークに行くとパンフレットが置いてあるのですが、意外と見落としている方も多いのではないでしょうか。

職業訓練には「公共職業訓練」「求職者支援訓練」などの種類があり、実施されているコースも介護やIT・WEB系、金属加工や電気系まで多種多様です。受講するには色々な条件があり、面接や筆記試験もあります。

同じ目的を持った仲間と一緒に勉強を頑張るというのは、学生時代に戻ったようで楽しいものです。また人脈作りという点からも通う価値はあります。

この職業訓練、他にも様々なメリットがあるのでおすすめなのですが、もちろん必ず就職できるというものではありません。コースにもよりますが半年近い期間、長いものだと1年以上も通うことになります。その間職歴が空いてしまう事になるのですが、30代の方にとっては決して短い期間とは言えませんよね。

もし前職を退職してからあまり時間が経っていないのであれば、その間びっちり就職活動をした方が正直なところ就職できる可能性は高いかもしれません。

どうしても何かスキルを身に付けたい、だいぶ職歴が空いてしまっているという方は頑張って挑戦してみてはいかがでしょうか。

経験のある業種に絞って求人を探す

30代になると、企業側が求めてくるものも20代の頃とは変わってきます。

20代のうちは経験やスキルよりも熱意ややる気を見られます。若い人材は吸収が早く育てやすいため、仕事は入社後にいくらでも教えられるからです。

しかし30代ともなるとリーダー的な仕事や管理などの仕事も任せていきたいと考えるため、やはりある程度の経験やスキルを持った人材を求めるようになります。

そのため一から仕事を覚えなくてはいけない未経験の業界に行くよりも、基本的な業務はこなせる業務経験のある仕事に絞った方が確実に成功率はアップします。

こうした業種を絞った就職活動には、日本最大級の会員数を誇る転職サイトのリクナビNEXTがおすすめです。

リクナビNEXTなら全国の求人情報から自分の持っている資格やスキルを絞って仕事探しが出来ます。大手のリクルートグループが運営しているので求人数も多く、希望の仕事も見つけやすいでしょう。