フリーターから就職するための情報源について掲載しています。未経験から正社員への就職。収入が安定しないフリーターから正社員へ就職するために活用した情報源。フリーターからの就職、現状ではまだまだ厳しい状況が続いています。しかし、正社員へ就職を決めている方も多いのも現実です。フリーターの就職について掲載しています。

若年者納付猶予制度

若年者納付猶予制度と減免措置の違い

大学生など、学生が利用することの多い若年者納付猶予制度ですが、フリーターでも利用することができます。

日本年金機構によると、若年者納付猶予制度の対象者は30歳未満となっています。

30歳未満までは、若年者納付猶予制度の対象内なので、利用することは可能となっています。

ただし、フリーターが若年者納付猶予制度を利用するには、少し注意しておくべき点があります。

まず、若年者納付猶予制度は、あくまで納付を猶予する制度だという点です。

納付が猶予されるので、後から支払わなければ基本的に未納と同じ扱いになります。

将来歳をとって、年金をもらう時に、未納期間として扱われてしまい、支給額が少なくなったりします。

その点、減免措置などの制度を利用すると、支払った額に応じて年金もしっかりと支給されるので、そちらの方がお得度は高いと言えます。

収入が少ない場合には、なるべく減免措置を利用して将来に備えた方が無難と言えるでしょう。

未納にしておくよりもたくさんのメリットが

若年者納付猶予制度も、減免措置も、どちらも追納期間は10年間です。

10年前までさかのぼって追納することができるので、将来的に収入が増えそうな場合などには、若年者納付猶予制度を利用することもあります

追納制度は分割払いなども可能なので、後から分割で支払う人も多いです。

若年者納付猶予制度は、支払わないよりかはかなりメリットも多い制度となっています。

若年者納付猶予制度を申請しておくと、障害者になってしまった時に支給される障害基礎年金が支給されます。

もし申請せずに未納のままだと、障害者になってしまった時に非常に困ることがあります。

フリーターの場合、仕事で怪我をして障害者になってしまったり、病気で障害者になってしまうこともあります。

しっかりと若年者納付猶予制度を利用するか、減免措置を利用しておき、万が一の時に備えることが大事です

もし自分が死亡してしまった場合にも、遺族基礎年金が遺族に支給される点もメリットとなっています。

正社員求人はココで見つける!オススメサイトをチェック