フリーターから就職するための情報源について掲載しています。未経験から正社員への就職。収入が安定しないフリーターから正社員へ就職するために活用した情報源。フリーターからの就職、現状ではまだまだ厳しい状況が続いています。しかし、正社員へ就職を決めている方も多いのも現実です。フリーターの就職について掲載しています。

一人暮らしに掛かる費用は?

地域や環境で掛かる費用はまちまち

フリーターが1人暮らしするには、十数万円程度の収入は必要となります。

ただし、地域や環境によっても色々と違うので、頑張れば10万円以内で生活することもできますし、20万円以上ないときついこともあります。

まず、フリーターが1人暮らしするのに、一番心配しなければならないのが家賃です。

安いものから高いものまで色々な家賃の家があるので、生活費を抑えたいなら安い家賃のところを選ぶべきだと言えます。

しかし、家賃が安い地域は、良い仕事がないことも多いです。

フリーターの場合、良い仕事に就けないと家賃を支払うこともできません。

良い勤務先がある地域の場合、少々高くても家賃は気にしない方が良いケースもあります。

それから、交通費の問題があります。

勤務先からあまりに遠いと、交通費がかかってしまいます。

交通費を支給してくれる勤務先なら良いのですが、そうでない場合には、交通費との兼ね合いも考慮して家を決定した方が無難です。

いざという時の為に貯金できる余裕も必要

食費は一般的に月3万円程度はかかるとされています。

外食が多いともっと高くなりますし、自炊すればもっと低く抑えられることもあります。

また、フリーターの場合、国民年金や国民健康保険を支払う必要が出てきます。

この負担が意外とフリーターは大きく、会社員との大きな違いとなっています。

国民年金に関しては、収入に応じて簡単に減額してくれるシステムなどもあるので、積極的に利用することをおすすめします。

収入が103万円を超えると、所得税などもかかってきて、さらに負担が大きくなるので注意が必要です。

それと、一人暮らしをすると光熱費もかかってきます。

特に、ガス代と電気代金がかかります。

ガス代は、なるべく都市ガスなどの安いガスを利用しているところを選択した方がお得になります。

一軒家などですと、ガス代が比較的高くなりがちなので、注意が必要です。

電気代に関しては、クーラーを使用するかどうかで大きく違います。

クーラーを使わない場合には、数千円で電気代が済むのですが、クーラーを使うと、一気に1万円以上になることが多いです。

その他、フリーターの場合、ある程度貯金もできるようにしておいた方が無難です

急な病気にかかった場合、思わぬ支出が発生することもあります。

いくらか毎月貯金するように最初から余裕を持たせておいた方が、急な出費などにもしっかりと対応することができます。

正社員求人はココで見つける!オススメサイトをチェック