フリーターから就職するための情報源について掲載しています。未経験から正社員への就職。収入が安定しないフリーターから正社員へ就職するために活用した情報源。フリーターからの就職、現状ではまだまだ厳しい状況が続いています。しかし、正社員へ就職を決めている方も多いのも現実です。フリーターの就職について掲載しています。

扶養と年収の関係とは

所得税の扶養を外れると

フリーターで収入が103万円と130万円を超えた時は、扶養が外れるポイントとなっています。

まず、103万円を超えた場合には、所得税の扶養をはずれることになります。

所得税の扶養をはずれると、自分で所得税を支払う必要が出てきます。

今までは、収入が少なく、扶養に入っているので、所得税を支払う必要がありませんでした。

しかし、103万円を超えると、国にお金を納めてくださいということで、所得税を支払う対象となってきます。

さらに、所得税の扶養を外れると、扶養してくれていた人の控除枠が減少するというデメリットがあります。

所得税の控除枠は色々とありますが、扶養者を抱えているかどうかも、控除枠の一つとなっています。

38万円ほどの控除枠があり、収入から38万円を引いた額に所得税がかかるなど、少しだけ所得税がお得になるシステムがあります。

その控除枠がなくなるので、少しだけ扶養していてくれていた人の所得税がアップしてしまうこともあります。

収入を抑えた方がお得?

次に、130万円を超えた時には、社会保険の扶養がはずれます

社会保険とは、年金や保険のことです。

例えば、親の扶養に入っている場合、親の勤め先の厚生年金や保険に入ることができます。

扶養による割引システムなどもあり、安くなることが多いです。

しかし、130万円を超えてしまうと、扶養が外れて、自分で年金や保険を支払う必要が出てきます。

扶養している人が支払っていた年金や保険を一気に支払う必要が出てくるので、負担も大きくなることに注意が必要です。

明確に103万円や130万円と扶養が外れるタイミングが規定されていることから、この額ぎりぎりで収入を抑えるフリーターの方もいます。

この枠周辺に年収が収まりそうな場合には、場合によっては103万円や130万円以内に抑えた方が税金や保険料が安くなります

不要がはずれる額ぎりぎりで抑えるシステムを作っているアルバイト先なども多いので、丁度ぎりぎりの収入になりそうな時には、アルバイト先に相談してみることをおすすめします。

正社員求人はココで見つける!オススメサイトをチェック