フリーターから就職するための情報源について掲載しています。未経験から正社員への就職。収入が安定しないフリーターから正社員へ就職するために活用した情報源。フリーターからの就職、現状ではまだまだ厳しい状況が続いています。しかし、正社員へ就職を決めている方も多いのも現実です。フリーターの就職について掲載しています。

扶養から外れるケース

税金の扶養

フリーターが扶養から外れるのは、税金の扶養と保険の扶養の2種類があります

まず税金の扶養が外れるのは、収入が年間103万円以上になると外れます。

103万円以下であれば、親などの扶養に入ることができるのですが、それ以上になってしまうと強制的に扶養がはずれてしまいます。

扶養に入っていると、何万円か税負担が楽になります。

しかし、扶養がはずれた途端に、何万円か扶養している人などの負担が増えます。

そういった理由から、あえて103万円ぎりぎりに調整する人もいます。

103万を少し超える収入がある場合には、その少し分を休みなどで調整して、扶養を維持した方がお得になります

アルバイト先などでも、そういった調整を行なう制度を設けていることが多いので、頼んでみるのも一つの手段となっています。

具体的に扶養から外れるとどのくらい扶養していた人の負担が増えるかは、場合によって違っています。

扶養から外れた場合、扶養していた人の税金の控除枠38万円がなくなります。

今までは38万円分の控除枠があったので、その分収入から控除枠を引いた額に税金がかかっていました。

扶養がはずれたので控除枠がなくなり、その分所得税の計算額が増えるので、数万円の負担増となることがあります。

社会保険の扶養

次に社会保険の扶養に関しては、収入が130万円以上になると扶養を外れます。

健康保険料や国民年金は、扶養に入っていると、扶養に入っている人が支払います。

その扶養が外れると、自分で社会保険料を支払う必要が出てきます。

特に、親の厚生年金や健康保険に入っていると、割引制度などがある点がポイントです。

扶養をはずれると、そういった割引が使えなくなり、社会保険料などが高くなることがあります。

税金と同じ様に、扶養をはずれないように130万円ぎりぎりの収入にして、扶養枠で支払いをする人もいます。

このように、フリーターが扶養からはずれるのは、収入が増えて103万円を超えた時と、130万円を超えた時となっています。

正社員求人はココで見つける!オススメサイトをチェック