フリーターから就職するための情報源について掲載しています。未経験から正社員への就職。収入が安定しないフリーターから正社員へ就職するために活用した情報源。フリーターからの就職、現状ではまだまだ厳しい状況が続いています。しかし、正社員へ就職を決めている方も多いのも現実です。フリーターの就職について掲載しています。

確定申告はフリーターにこそ必要

自分で確定申告に行こう

確定申告は、フリーターにこそ必要な制度と言えます。

会社員の場合には、会社側が全てやってくれるので、特に確定申告する必要はありません。

しかしフリーターの場合、確定申告しておかないと、警告が来たり、突然高額の税金を請求されることもあるので注意が必要です。

とはいっても、確定申告をすると還付金が返って来ることもあり、しっかりと申告しておいた方が得になることが多いです。

ちなみにフリーターでも年間収入が38万円以下の収入であるなど、かなり少ない額であれば申告の必要性はありません。

38万円までの収入は、基礎控除の範囲内なので、税金がかかることはないです。

さらに、アルバイトなどをしているフリーターの場合、103万円以下であれば、特に問題が起こらないことも多いです。

給与所得を得ている場合、給与所得控除に65万円がつき、基礎控除が38万円あるので、合計103万円までは税金がかかりません。

103万円までは税金がかからない人物なので、特に税務署側としては用事がなく、申告の必要がないと言えるでしょう。

確定申告をした方が得をする場合が多い

103万円以下の人は確定申告に行かなくても特に問題はありませんが、源泉徴収関連で行っておくと還付金が返って来ることがあります

源泉徴収とは、あらかじめ税金をある程度国が徴収しておき、払わない人が発生するのを防ぐシステムです。

その源泉徴収分のお金が返って来るので、還付金申請はしておいた方がお得と言えます。

還付金申請は、数年間有効なので、確定申告で混みあっている時期に行かず、暇な時にでも行けば税務署が空いていて便利です。

それと、住民税を支払う必要があるかどうかの判断でも、確定申告の申告額は使われます

確定申告をしていないと、住民税をかける対象かどうかがわからないので、住民税がかかる金額収入を得ている人は、しっかりと確定申告をしておいた方が無難です。

税務署側では所得税しか扱っていないので、収入が少ない場合は必要ないという説明をしますが、住民税も支払う必要がないということを確定させるため、確定申告をする人もいます。

正社員求人はココで見つける!オススメサイトをチェック