フリーターから就職するための情報源について掲載しています。未経験から正社員への就職。収入が安定しないフリーターから正社員へ就職するために活用した情報源。フリーターからの就職、現状ではまだまだ厳しい状況が続いています。しかし、正社員へ就職を決めている方も多いのも現実です。フリーターの就職について掲載しています。

フリーターの税金・社会保険事情 記事一覧

フリーターが支払う税金
フリーターが支払う税金には所得税・住民税・国民年金・国民健康保険があります。もし支払いが難しい場合には免除申請をすることができるものもあります。
確定申告はフリーターにこそ必要
難しそうだから確定申告はした事がないという人は、ぜひ一度行ってみましょう。フリーターの場合は確定申告をした方が得をする場合が多いのです。
フリーターは社会保険に加入できる?
社会保険完備のアルバイトもあるように、フリーターであっても社会保険に加入することは可能です。しかし加入条件をクリアしている必要があります。
国民年金の免除制度
国民年金には収入が少ない人のために、所得の額に応じて国民年金の支払いの全額または一部を免除するという制度があります。
扶養から外れるケース
フリーターの場合、親などの扶養に入って税金や社会保険の負担を抑えている人も多いかと思います。では扶養からはずれるのはどのようなケースなのでしょうか。
扶養と年収の関係とは
年収は多いに越したことはありませんが、実は収入が扶養が外れる額ギリギリの人は、場合によってはその金額内に収入を抑えた方が税金が安くなってお得という事もあるのです。
国民健康保険の免除が適用されるケース
国民健康保険の免除申請は何かと難しい点が多いのですが、フリーターでも収入が少なく支払いが困難だという事を証明できれば免除される場合もあります。
一人暮らしに掛かる費用は?
フリーターの場合、一人暮らしをするとなると費用面で不安に思う方が多いと思います。地域によっても異なりますが、一般的にフリーターの一人暮らしには月どのくらいのお金が必要なのでしょうか。
若年者納付猶予制度
若年者納付猶予制度は学生に限らず、30歳未満であればフリーターでも利用する事が出来ます。しかし減免措置とは違う点に注意が必要です。
所得税が引かれるのはいつから?
一般的に収入を得ると所得税というものが引かれますが、所得税がかかってくるのは基本的に収入が103万円を超えた時となっています。