フリーターから就職するための情報源について掲載しています。未経験から正社員への就職。収入が安定しないフリーターから正社員へ就職するために活用した情報源。フリーターからの就職、現状ではまだまだ厳しい状況が続いています。しかし、正社員へ就職を決めている方も多いのも現実です。フリーターの就職について掲載しています。

アルバイトから正社員に登用されやすい業界を狙う

雇い主にとってもリスクの少ない方法

フリーターから正社員を目指す方法のひとつにアルバイトからそのまま正社員へと登用されるケースがあります。

これは理想的な選択肢といえるでしょう。

同じ職場で働き続け、そのまま正社員として雇用される。

仕事内容や職場の人間環境は変わらないまま待遇が大幅に改善されるわけです。

雇い主としても、仕事への取り組み、能力や人柄が分かった上で正社員として迎え入れるわけですから、非常にリスクが少ないです。

飲食店やショップなどでは正社員雇用と同時期に店長などへ昇進するケースも少なくありません。

そんな形で正社員になれるならなりたい、と願うフリーターも多いはず。

しかしどの業種でもこんな理想的な形が実現するわけではありません。

こうしたケースが起こりやすい業種とそうでない業種がハッキリ分かれているところがあります。

表現は良くないかもしれませんが、正社員とアルバイトの仕事内容があまり変わらない業種にこのケースがよく見られます。

正社員とアルバイトの仕事内容があまり変わらない仕事

フリーターの大きな問題点のひとつは大事な仕事を任せられないため、何年働いても経験を積むことができない点。

しかし正社員とアルバイトの仕事内容にそれほど差がない場合ならこの点も大きな問題とはならないのです。

ではどのような業界にこうしたケースが見られるのでしょうか。

よく挙げられるのがガソリンスタインドやカラオケ店です。

どちらも外から見て正社員とアルバイトの区別がつかない業種です。

実際アルバイトで経験を重ねてそのまま正社員として登用されるケースが多いうえ、正社員として別途に募集するよりもこちらの方が多いところもあるようです。

とはいえ、給料面、福利厚生など待遇ではアルバイトと正社員では大きく違います。

決定権に関しても差はありますよね。正社員としてお店の数字を担い実績を積むことで幹部候補としてさらに仕事をする事も可能でしょう。

他にも外食サービス業などもこのタイプに当てはまるでしょう。

フリーターから正社員を目指す場合にはこうした業種を狙うこと、そして同じ職場でできるだけ長く働くことを心がけておくとよいかもしれません。

正社員求人はココで見つける!オススメサイトをチェック