フリーターから就職するための情報源について掲載しています。未経験から正社員への就職。収入が安定しないフリーターから正社員へ就職するために活用した情報源。フリーターからの就職、現状ではまだまだ厳しい状況が続いています。しかし、正社員へ就職を決めている方も多いのも現実です。フリーターの就職について掲載しています。

フリーターからの就職。人手不足の業界を狙う

フリーターの場合まずは職に就くことが先決

フリーターが正社員を目指す場合にはできるだけ就職しやすい仕事を選ぶことも大事です。

人手不足と言うことは求人も多いですし、採用されやすいです。

もちろん、自分の適性や希望に合っているかどうかも重要ですが、まず「職に就くこと」を重視するべきです。

理想の職場を見つけられずにズルズルとフリーター生活を送り続けているとますます正社員への道が遠のいてしまいます。

少しでも仕事に興味が持てそうであれば、まずは業界研究や職種研究をしてみてはいかがでしょうか。

給料、年収を調べるのも良いでしょう。

そんなフリーターの職探しでキーワードとなるのが「人手不足」。

つまりできるだけ人手が少なく、積極的に採用を行っている業界を狙うわけです。

言い方はよくないかもしれませんが、人手不足で困っているところを狙って就職先を探していくのです。

人手不足の場合、経験や年齢を問わないことも多く、まったくの未経験、フリーターとしての経験しかない人でも正社員として採用される場合もあります。

また、働きながら資格を取得していけるなどのメリットも期待できます。

30代であってもやる気次第では採用したい、と考える企業も少なくありません。

実際に人手不足の仕事は?

ではどのような業界が人手不足に陥っているのでしょうか。

そのような際に必ず挙げられるのが介護業界です。

高齢化社会の進行と介護サービスの需要の増加に人手の増員が追いついておらず、深刻な人手不足に陥っています。

ホームヘルパーなど介護関連の資格を取得していれば正社員の働き口は見つけやすいでしょう。

また資格を取得していない場合でも前述のように働きながら資格取得を目指すこともできます。

離職率が高いのが難点ですが、労働環境の改善に取り組んでいる雇用主も多いですし、業界全体として定着率の向上に意識を持っています。

これから働きやすい業界に変わっていく可能性はあるでしょう。

他にも農業や外食サービス業なども慢性的な人手不足に陥っている業界です。

こうした業種はそもそも選択肢に入っていないことも多いはず。フリーターが職探しをする場合にはぜひともこの分野からの求人情報をチェックしてみましょう。

正社員求人はココで見つける!オススメサイトをチェック