フリーターから就職するための情報源について掲載しています。未経験から正社員への就職。収入が安定しないフリーターから正社員へ就職するために活用した情報源。フリーターからの就職、現状ではまだまだ厳しい状況が続いています。しかし、正社員へ就職を決めている方も多いのも現実です。フリーターの就職について掲載しています。

転職に役立つ資格を取得する

即戦力を求められる

就職の際に大きな武器になるのが資格です。

とくに現代社会は資格がものを言う時代となっています。

国家資格はもちろんのこと、様々な民間資格が存在しており、世の中の多彩なニーズに応えています。

ビジネスもそんな多彩なニーズに対応するため、特殊なスキル・知識を備えた人材を積極的に採用するようになっています。

30代での転職活動ではいかに即戦力として働けるかが重要なポイントとなります

企業の側としても30代に「伸びしろ」はあまり求めていません。むしろ教育に費やす時間やコストを嫌がります。

即戦力として役立つかどうかはこれまでの経験や職歴も証明する手段となりますが、資格はより客観的な材料として役立ってくれます。

高度な資格を目指そう

ただし、30代の転職で資格を役立てようと思ったら、より高度なものが求められます。

ビジネスに直接役立つもの、あるいは上級資格と言われるような資格です。

現代のビジネスシーンで求められる資格としてはファイナンシャルプランナーの1級や中小企業診断士などが挙げられるでしょう。

こうした資格は働きながらの資格取得も可能ですし、30代以降のキャリア形成に大きく役立ってくれます。

30代になったら取得を目指す資格をよく見極めて判断することが大事です。

単に転職に役立つかどうかだけでなく、将来自分のキャリアにどれだけ役立ってくれるか、どんな仕事やポストに就きたいかといったビジョンもできるだけ明確にした上で取得を目指すとよいでしょう。

高度な資格であればあるほどハードルが高くなりますが、自分を試す意味でもあえて難易度の高いものを選ぶのもひとつの選択肢となるはずです。

正社員求人はココで見つける!オススメサイトをチェック