フリーターから就職するための情報源について掲載しています。未経験から正社員への就職。収入が安定しないフリーターから正社員へ就職するために活用した情報源。フリーターからの就職、現状ではまだまだ厳しい状況が続いています。しかし、正社員へ就職を決めている方も多いのも現実です。フリーターの就職について掲載しています。

職務経歴書の重要性

履歴書以上に重要視されることも

30代の正社員の仕事探しでは、履歴書と並んで職務経歴書が重要になってきます。

この年代になると履歴書以上に重要になってくるといっても過言ではないでしょう

それまでどのような仕事をし、どういったキャリアを積んできたのかを判断する材料となるからです。

そのためフリーターや非正規雇用を続けてきた人はこの点で不利になる面もあります。

採用担当官にアピールするためにも職務経歴書をしっかり書く必要があるわけですが、だからといって自分の経歴をひたすら長々と書き連ねればよいというわけではありません。

自分がどんな面に強みを持っているか、どれだけ大事な仕事を任されてきたのかを効率よくアピールする必要があります。

フリーターや非正規雇用でもアピールするチャンスはある

よくフリーターや非正規雇用の人が職務経歴書を書こうと思っても書くことがなく、薄い内容になってしまうため書かないほうがマシ、という意見もあります。

ただ、就職を目指す職種に関連した仕事をしていた場合にはしっかりと作成するべきでしょう。

また、採用担当によってはどんな職場で働いてきたかにはほとんど興味を示さず、働いた期間や職種をチェックするといいます。

つまり、無職の期間が短い人、就職を目指す職場と同じ職種で働いた経験がある人は職務経歴書でアピールすることができるのです

バイト先を転々としていた人はその点もあまりマイナスに考えずにアピールできるところはどんどんアピールしましょう。

またバイト先をすべて書き連ねる必要はありませんから、アピールになりそうな職場だけを書く方法もありです。

30代の職務経歴書は何も正社員として働いてきた人だけのものではありません。

フリーターや非正規雇用を続けてきた人もできるだけうまくアピールできるよう積極的に活用しましょう

正社員求人はココで見つける!オススメサイトをチェック