フリーターから就職するための情報源について掲載しています。未経験から正社員への就職。収入が安定しないフリーターから正社員へ就職するために活用した情報源。フリーターからの就職、現状ではまだまだ厳しい状況が続いています。しかし、正社員へ就職を決めている方も多いのも現実です。フリーターの就職について掲載しています。

フリーターが履歴書、職務経歴書に書く内容は?

書類選考を突破する応募書類を作るには

フリーターが就職活動を目指す場合には、履歴書や職務経歴書にどのような内容を書いていけばよいのでしょうか。

履歴書、職務経歴書はとても大切です。

アルバイト募集の場合には履歴書を直接持参の上面接、といった事も多かったと思いますが、正社員求人では大抵の場合、書類選考があります。

送られてきた履歴書、職務経歴書を見て、面接をするかどうかを決める事が多いのです。

書類選考が通らなくて、面接がなかなか受けられない・・・という悩みをお持ちの方も多いと思います。

その場合には、今までの書き方を一旦止めて、書類選考が通りやすいように書き直す必要があります。

また、応募者数が多い場合には、志望動機などもしっかりと読み込まれます。

他でも使い回しが出来そうな志望動機は、マイナスの印象となってしまうこともあります。気をつけるようにした方が良いでしょう。

職務経歴書に書くことに悩む方も多いと思いますが、これはそれまでどのようなアルバイトをしてきたのか、どれだけの期間同じ職場で働いてきたのかによって異なってきます。

フリーターにも同じ職場である程度長く働き続ける人と、様々な職場を短期間で転々としながら働いていく人がいます。

それぞれの事情によって履歴書、職務経歴書に書かれる内容も異なってくるのです。

長く働いてきた仕事がある場合にはそれをアピールしましょう。

アルバイトでも長期間の勤務はキャリアといって立派に通用します。

何も書かれていない方が、選考する側としては困る事が多いのです。空白は最も避けたいですね。

履歴書、職務経歴書に空白が多いと、見た瞬間にあまりやる気が感じられない、と思われても仕方ありません。

応募先の仕事に関係したアルバイト経験をアピールする

フリーターが就職の際にマイナス材料になるのが「長く仕事を続けられるか」という点。

ちょっと辛いことがあると辞めてしまうのではないか、という警戒感が採用する側にあるのです。

それだけに長期間の勤務の経験はそれを払拭する良い判断材料となります。

企業としては、やはり採用後に長く働いてくれる人材を歓迎したいです。

せっかくOJTなどで仕事を教えたとしても、長く勤めてくれないのでればやはり困ります。

教育コストがかかっているのですから、それだけ長くしっかりと働いて欲しいと考えています。

一方、様々な職場を経験してきた人はできるだけ応募先と関連する職種や仕事の経験をアピールするようにしましょう。

未経験よりは経験者を優遇するのはどの企業も同じです。

フリーターでも現場での経験があれば入職後の教育の手間が省けますし、ある程度の適性があると判断されます。

就職を見据えているフリーターの方は、将来、就職活動に役立ちそうなアルバイトを選んで働く事もあると言います。

この場合、直接関係がない職場の経験はあまり書かず、ピンポイントでアピールできそうな経験だけを書いていくのがポイントです。

このように、フリーター一人ひとりのこれまでの経験を踏まえたうえで履歴書・職務経歴書を作成することが就職を成功させるうえでの鍵となります。

履歴書、職務経歴書は面接の際にも質問のベースとなる大切な応募書類となります。

書いた内容に関しては、どこからどう質問を突っ込まれても応えられるようにしておきたいですね。

正社員求人はココで見つける!オススメサイトをチェック