フリーターから就職するための情報源について掲載しています。未経験から正社員への就職。収入が安定しないフリーターから正社員へ就職するために活用した情報源。フリーターからの就職、現状ではまだまだ厳しい状況が続いています。しかし、正社員へ就職を決めている方も多いのも現実です。フリーターの就職について掲載しています。

プログラマーの労働環境

プログラマーの仕事はキツイ?

未経験からプログラマーになるなら、しっかりと知っておきたいのがプログラマーの労働環境と、その大変さです。

どんな仕事でも大変さがあるものですが、プログラマーの仕事は一般的にも「きつい」と言われるものです。

未経験で働く場合でも、その環境を知ったうえで覚悟してトライするほうが、結果的に成長できます。

そこで、ここではプログラマーの労働環境について紹介してみたいと思います。

プログラマーは、基本的にシステム開発などのプロジェクトチームに配属され、そこでシステムエンジニアやマネージャーの指示に従ってプログラミングをするのが仕事です。

その仕事の大変さとは、まず勤務時間が長いこと。

システム開発の納期前になると残業時間がだんだん長くなっていくのはどこの開発現場にも共通することではないでしょうか。

代わりに、開発初期段階では定時で帰れる事が多いです。

帰れるときに帰れ、と言われることはとても多いです。

逆に、常に定時で帰れるプロジェクトもあります。

納期の関係、プロジェクトリーダーの設計能力、開発チームの能力など色々な要素があって仕事時間は変わってきますから、一概には言えませんが、一年中残業、と言うことは少ないでしょう。

プログラマーの忙しさには波がある

そして、常に勉強が必要というところも、大変さのひとつです。

基本的にひとつの言語をしっかりと習得すれば、他の言語は最初よりは短い時間で習得できるようになっていきますが、常に新しい技術が出てくるため、それに合わせていく力が必要になります。

また、一日中パソコンの前で仕事をすることが大変、というプログラマーの方もいます。

腰痛の方は多いですね。ですから、イスにこだわる方も多いです。

ただ、プログラマーの忙しさには波があるとも言われています。

納期前は残業が多いかわりに、それを超えると比較的緩やかに業務が進むといったところもありますので、一概に「大変」とも言い切れないかもしれませんね。

また、プログラマーの仕事は大変と言われますが、スキルが身に付く仕事ですので、そこを好む方も多くいらっしゃいます。

トラブルを好み、立ち向かうことが好きなプログラマーもいます。そうした方は、社内ではとても頼りにされますね。

正社員求人はココで見つける!オススメサイトをチェック