フリーターから就職するための情報源について掲載しています。未経験から正社員への就職。収入が安定しないフリーターから正社員へ就職するために活用した情報源。フリーターからの就職、現状ではまだまだ厳しい状況が続いています。しかし、正社員へ就職を決めている方も多いのも現実です。フリーターの就職について掲載しています。

未経験からプログラマーになるためのアピールポイント

長時間労働にも耐えられる体力をアピール

未経験からプログラマーになるなら、どんな点をアピールするのが良いのでしょうか?

関連の仕事をしたことがない方なら、アピールするポイントが分からず、結局何も言えなかった・・・という場合がありますよね。

ですが、それはあまりにもったいない話です。

ここでは、未経験でプログラマーを目指す場合に、アピールしておくといいポイントについてご紹介します。

まずは、体力。

IT関連職種はデスクワークの仕事が多いので、体力というと意外に思われる方もいるかもしれませんが、実はプログラマーは「体力勝負」の職業です。

体力があれば、集中力も長続きするのかもしれません。

納期間近ともなれば終電が当たり前の職場は今でも多いですし、トラブル時にはそれこそ徹夜で対応しなければならないこともあります。

そんなときに体力が無ければ、はっきりいってやっていけません。

システムという形のないものを作る仕事では、さまざまな要望によって作業が流動的になりやすく、納期前にはそうした変更点の数々を残業でどうにか解決する、というところが少なくありません。

クライアントによっては仕様が短期間に変わるために、開発者泣かせとなる事もあるようです。

こうしたプロジェクトに配属されるととても大変ですが、仕事である以上はやり遂げる必要があります。

そうなると必然的にプログラマーの労働時間は長くなりますので、体力に自信がある人は採用されやすいです。

できるなら、これまでの職種で長時間労働をした経験や、長い時間コツコツと作業をして何かをやり遂げた経験などがあると、よりアピールが具体的になりますので良いですね。

就職支援サービスでサポートを受けるのもオススメ

プログラマーとして中途採用されるためにアピールしたこととして、体力・健康がまず挙げられます。

次に、IT開発関連の資格や勤務経験を持っていなくても、システムの利用経験やオフィスソフトの利用経験などについても、経験があるならアピールしておくと良いでしょう。

ホームページを作ったことのある方や、ブログを書いたりカスタマイズして使っている方などはそれを言っても良いですね。

それらの経験が直接仕事に結び付くわけではなくても、「未経験OK」の募集の場合なら、多少なりとも経験があるのは良いアピールになるでしょう。

そうした自己アピールなどに不安がある方は、就職サポートを受けられると良いでしょう。

首都圏となりますが、フリーターなど若手社員の就職支援【ハタラクティブ】などがあります。

就職活動に関しての不安、悩みなども相談にのってくれます。

詳しくは公式サイトをご覧になってみてください。

フリーターなど若手社員の就職支援 ハタラクティブ【レバレジーズ】公式サイトを見る

正社員求人はココで見つける!オススメサイトをチェック