フリーターから就職するための情報源について掲載しています。未経験から正社員への就職。収入が安定しないフリーターから正社員へ就職するために活用した情報源。フリーターからの就職、現状ではまだまだ厳しい状況が続いています。しかし、正社員へ就職を決めている方も多いのも現実です。フリーターの就職について掲載しています。

未経験でのプログラマー求人チェックポイント

未経験可の求人でチェックすべきポイントは?

未経験でプログラマーなるために求人に応募しようと思ったとき、まず始めるのが求人情報のチェックだと思います。

などが便利と思います。ぜひチェックしてみてください。

プログラマーは、IT関連職種のなかでは比較的、未経験でもトライしやすい職種です。

それだけに、求人情報をチェックしていると未経験OKといった求人も見られますが、そのときに必ずチェックしておきたいポイントがあります。

それは、離職率研修内容です。

プログラマーは、基本的に労働時間が長い職種として知られます。残業なしで帰ることができるプログラマーは(納期から遠い場合などはありえますが)少ないのが現状です。

そして、その労働環境ゆえに離職率は他の職種と比較して高いのが事実です。

そのため、面接の時に体力に自信がありますか?と聞かれることもあります。

離職率が公開されていたら確認する

未経験でプログラマーにトライするならその労働環境はある程度覚悟しておく必要がありますが、それでも、数あるIT開発会社のなかにも「働きやすい会社」と、「過酷な労働環境で次々人が辞めて行く会社」の違いはあります。

せっかく応募するなら、やはり働きやすい会社がいいですよね。

後は新人研修・教育制度があるかどうかも確認しておくと良いでしょう。

OJTで覚える可能性もありますが、出来ればそうした勉強期間があると良いと思います。

残業代に関しても質問しておくと良いでしょう。

チェックポイントは、離職率が公開されていたらそれをチェックすること。

されていない場合は、「常に広告が出ている会社」「大量募集の会社」は要注意だと思っておくと良いでしょう。

大量募集がされている背景には、その分「人が辞めていること」が推察されるからです。

また、未経験の社員に対して研修に力を入れている会社は、比較的働きやすいと考えることができますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

せっかくフリーターから就職する機会なのですから、働きやすい会社に就職したいですね。

正社員求人はココで見つける!オススメサイトをチェック