フリーターから就職するための情報源について掲載しています。未経験から正社員への就職。収入が安定しないフリーターから正社員へ就職するために活用した情報源。フリーターからの就職、現状ではまだまだ厳しい状況が続いています。しかし、正社員へ就職を決めている方も多いのも現実です。フリーターの就職について掲載しています。

大学中退 フリーターの就職

大学を中退する理由

フリーターとなるバックグランドも色々です。

高卒でフリーターになる方もいれば、大学卒で就職活動に失敗したり夢を追いかけるためのアルバイトをしながらオーディションを受けたりといった方もいます。

大学中退してフリーターになる方もいますよね。

毎年多くの方が、大学や専門学校を中退しています。
中退の理由は色々ありますが、中退理由として主には、

  • 勉強への意欲が無くなった
  • 人間関係

があると言われます。

学費が払えない、ということでアルバイトをする学生さんもいますが、アルバイトの方が楽しくなってしまう事があります。

学校へ行かなくなって単位が足りなくなり、結局辞めてバイト中心の生活へ、といったケースもあります。

原因が何であれ、大学へ通学しなくなってくると行く意味が無いと考え、中退。

親が知らない間に中退しているケースもあると言います。(レアなケースかもしれません)

いずれにしても、大学中退後のフリーターの就職活動も厳しいと言えそうです。

なぜか。

大卒中退者は中途採用扱い

大卒中退者の正社員就職が新卒と比べて厳しい理由としては、新卒扱いでは無く中途採用扱いとなる事が挙げられます。

最終学歴も「高校」です。そのため、高校既卒が対象の求人を探す事になります。

大卒退職の求人ってやはり多いんですよね。ここからまず差を感じると思います。

新卒採用は一般的には、採用数がまず多いです。中途採用でここまで大規模に採用が行われることは無いでしょう。基本的には中途採用は、欠員募集だからです。

事業が好調!人が足りない!といった場合もありますが、比べると欠員募集の方が多いのではないでしょうか。

特に中小企業の場合には、若干名での募集が多いです。そこに応募が集まります。

事務職など人気の職種には1名の採用枠に何十人も応募がある・・・と言ったことは珍しくないようです。

競争倍率が高くなりますから、就職が決まりにくいのは当然といえるかもしれません。

そのため、大学を卒業した場合と比べて、正社員就職が難しくなるということになります。

大学を辞めるときは、なかなか就職するときの事までイメージしないもの。いざ就職活動をしよう、と思ってから現実に直面して焦る方も多いと言います。

ちなみに履歴書には最終学歴を書く欄がありますが、ここには高校ではなくて大学中退を書いた方が良いでしょう。

結論としては、書いたも書かなくてもどちらでもそれほど採用には影響は無い場合が多いです。大学卒では無いのですから、どちらでも一緒と考える採用担当者は多いです。

気をつけたいのは、入学して数ヶ月で中退したり、後ろ向きな理由から中退した場合イメージはどうしても悪いですから、最終学歴は高校とした方が良い場合もあります。

もしくは中退理由は簡潔に説明するだけにして、就職活動をしようと思った経緯、きっかけに力を入れて説明するようにしましょう。

なんでも良いから正社員に就職、では失敗する可能性大

大学中退フリーターの就職活動ですが、社会経験無しですからキツいです。

大学を卒業した友人達の多くは、就職して社会で活躍し始めるでしょう。その姿を見て、就職を決意される方も多いと言います。

このとき、焦りから「なんでも良い、ドコでも良いから正社員として就職したい、フリーターを抜け出したい」と就職してしまうと、ブラック企業に就職してしまう可能性もありますし、しっかり企業研究などをしないため、こんな仕事をしたいわけじゃ無い!とすぐに退職してしまう可能性もあります。

そうならないためにも、焦る気持ちを抑えて、しっかり業界研究、企業研究をすることをおすすめしたいと思います。その結果、やいたい仕事が見えてきたらアルバイトも変えてみても良いと思います。

バイトであっても、やりたい仕事に近いものに就いた方が、就職活動でもアピールする事が出来ます。もしかするとバイトから正社員や契約社員として登用される可能性もあります。

フリーターから中途採用された人の共通点

も参考にしてみてください。

分かっているけれど、どうしてもフリーターを辞められない。。と言う方は、

フリーターを辞めたいのに、就職活動が進まない理由

もご覧になってみてください。

合わせておすすめ↓

正社員求人はココで見つける!オススメサイトをチェック