フリーターから就職するための情報源について掲載しています。未経験から正社員への就職。収入が安定しないフリーターから正社員へ就職するために活用した情報源。フリーターからの就職、現状ではまだまだ厳しい状況が続いています。しかし、正社員へ就職を決めている方も多いのも現実です。フリーターの就職について掲載しています。

26歳 フリーター 正社員求人について

社会人経験を積んできた同世代とのハンデをいかに埋めるか

26歳という年齢でのフリーター就職は年齢的には折り返しの時期にあると言えます。

20代前半と後半では、就職活動のハードルがやはり違います。

企業側も求めるものが自ずと高くなる傾向にあります。

採用するなら年齢が若い応募者の方が良いのではないか、という考えもあるでしょう。

そうしたことを踏まえて、「26歳の自分を採用するメリット」を企業に伝える必要があります。

あなたがこれまでもし、フリーターとしてしか仕事をしてこなかったのであれば、正社員としてすぐに採用してもらえるギリギリのラインと言えるかもしれません。

これまでにやってきた事をしっかりと見つめなおして、今後就職するにあたって、どうしていこうと考えているのかを伝えられるようにする事が大切です。

26歳という年齢は普通の方であれば社会人として3年以上の経験を積み、仕事にも慣れる時期です。

先輩として、新入社員を指導する経験を持つ方も多くいる年代です。

その経験が空いているという事はかなり大きなハンディキャップと言えるでしょう。

しかし、あなたが今後は切り替えて、キャリアを作っていくという意思を持って面接に臨めば、企業もあなたに可能性を見出してくれるケースもあります。あきらめずに頑張りましょう。

ブランク期間の説明も重要

また、これまでに正社員の経験があり、現在はフリーターという方は、ブランクの時期をしっかりと説明できるようにしておきましょう。

ただ何となくフリーターをしていたという事では、あまり印象が良くありません。

別の事に時間をかけたかったため、自分をしっかりと見つめなおす勉強の期間として時間を取っていたなど、自分なりの答えをしっかりと見つけましょう。

資格取得を考えてみても良いかもしれません。

資格を取得しておくことは、客観的にそのスキル、知識を持つ事を証明してくれます。

就職に役立つ資格に関しては、色々あります。

目標とする職業に応じて、資格取得を考えると良いでしょう。

志望動機も重要です。

他にも使い回しができそうな志望動機は避けるようにしましょう。

表面的な受け答えはすぐにばれてしまいますので、自己分析をしっかりと行い、今の時点でのはっきりとした将来のビジョンを持っておく事が、26歳のフリーター就職では必要になります。

正社員求人はココで見つける!オススメサイトをチェック