フリーターから就職するための情報源について掲載しています。未経験から正社員への就職。収入が安定しないフリーターから正社員へ就職するために活用した情報源。フリーターからの就職、現状ではまだまだ厳しい状況が続いています。しかし、正社員へ就職を決めている方も多いのも現実です。フリーターの就職について掲載しています。

20代の正社員の仕事探しと現在の動向

20代の非正規雇用の割合が非常に高くなっている

20代が正社員の仕事探しを行う場合には、現代社会の状況をしっかりと確認しておく必要があります。

現在の経済状況、雇用動向を踏まえたうえで仕事探しをしていかないと仕事が見つからなかったり、就職したはいいもののすぐに退職してしまうといった状況に陥ってしまいます。

社会問題にもなっているように、企業では非正規雇用の割合をどんどん増やしています。

しかも20代の比率が非常に高くなっているのが問題です。

本来正社員で必要な経験を身につけていくべき時に非正規雇用の形で過ごすことで、30代以降の就職・転職にも悪影響を及ぼしてしまうのです。

一度辞めると再就職はさらに厳しい

2011年のデータですが、20代における正社員と非正規社員の比率を見てみましょう。

20~24歳では正社員が57.9パーセント、非正規社員が42.1パーセントと、非正規社員の比率が非常に高いことがわかります。

なお20歳以上でこれよりも高い非正規社員の比率となっているのが60~64歳だけです。

なお、社会人としての経験を積んでいく重要な時期となる25~29歳においても非正規社員は全体の20.2パーセントを占めています。

さらに正社員として就職したはいいものの、3年以内に辞めてしまう人の割合3分の1以上、さらに20%近くがその後正社員に転職できず無職や非正規社員の形で生活しているといいます。

このように、正社員で雇用されるのも難しく、また一度辞めてしまうと再就職はさらに困難というのが現代社会の状況なのです

若者だからといって夢をおいかけている余裕が与えられているわけではないので、20代で正社員の仕事探しをしている人はそのつもりで長く働け、キャリアを確実に重ねていける仕事を選ぶよう心がけましょう。

正社員求人はココで見つける!オススメサイトをチェック