フリーターから就職するための情報源について掲載しています。未経験から正社員への就職。収入が安定しないフリーターから正社員へ就職するために活用した情報源。フリーターからの就職、現状ではまだまだ厳しい状況が続いています。しかし、正社員へ就職を決めている方も多いのも現実です。フリーターの就職について掲載しています。

フリーターから中途採用されるには

フリーターから中途採用された人の共通点

フリーターから正社員として就職するのはムリではありません。

確かに中途採用枠になりますから、求人によっては他のキャリア経験者とも競うことになりますから難しい事は難しいですが、フリーターとしてバイト経験しか無かったとしても全く可能性がないという訳ではありません。

フリーターから中途採用された人の共通点を調べてみると、

  • 「経験不問、未経験歓迎」の応募先企業をしっかり選ぶ
  • 今までのアルバイト経験が活かせる仕事を選ぶ
  • 履歴書、職務経歴書をしっかり書く
  • 志望動機でアピール出来ている

といった共通点が見えてきます。

中途採用について企業が欲しい人材を考えてみる

フリーターとなってしまうとなぜ就職が難しくなるかというと、中途採用枠に入ることが理由としては大きいといえるでしょう。

中途採用は基本的に即戦力となる人材を採用したいために求人サイトや求人誌に掲載されます。

そしてその求人に対しては、他の企業でその仕事を経験した事がある人も応募してくる場合も多いです。

どちらがより早く仕事が出来るようになるかというと、やはり仕事を経験したことがある人材です。

そのため、他の応募者の状況次第では最初からフリーターは不利になる場合が多いです。

ただし、バイト経験で応募先企業の仕事内容と関連している仕事を経験したことがある場合には、今までのバイト経験も評価されることがあります。

さらに「経験不問・未経験歓迎」であれば、今までに正社員として働いた経験がなかったとしても、熱意や人柄を重視して採用される可能性があります。

面接などでも今までのバイト経験が応募先企業の仕事内容と関連していれば自己アピールはしやすいですよね。

こういった理由で御社に貢献できると思います、という話がしやすいです。

志望動機も作りやすいと思います。

今までのバイト経験から御社の事業内容に興味を持ち、今までの経験を活かして働く事が出来ると思いました。
将来的にはこういった仕事が出来ればと思っています、といった流れです。

そのため、フリーターから正社員就職を目指す場合には「経験不問・未経験歓迎」の求人は優先して探し応募したい求人となります。

フリーターから中途採用される方は、実際にたくさんいます。

ちなみに、フリーターを積極的に正社員として採用する業種としては、

  • 飲食店・宿泊業
  • 教育・学習支援業
  • 運輸業
  • 医療・保健衛生・福祉

などがあります。

どんな仕事でも大変な事はあります。

仕事それぞれにイメージをお持ちかと思いますが、最初は広く業界研究をしてみることをおすすめしたいと思います。

正社員求人はココで見つける!オススメサイトをチェック