フリーターから就職するための情報源について掲載しています。未経験から正社員への就職。収入が安定しないフリーターから正社員へ就職するために活用した情報源。フリーターからの就職、現状ではまだまだ厳しい状況が続いています。しかし、正社員へ就職を決めている方も多いのも現実です。フリーターの就職について掲載しています。

需要の高い介護職

今後は労働環境・待遇の改善が期待できる

フリーターから介護業界へ就職。

介護関係は未経験から正社員になりやすい仕事です。

この分野は求人の数が多いのですが、それに合う人材が集まっていません。

働く時間が長く、体を使うことが多いので敬遠する人も多いのですが、実際に働いてみるとお年寄りに感謝されることも多いのでやりがいを感じられる仕事になっています。

労働環境の改善、待遇改善は多くの事業所で取り組んでいる最中であり、今後は現状よりも働きやすくなる事も期待できます。

実際、人材の流動化、退職率の高さを改善していくためにはいかに働き続けやすい環境作りをするかが重要な課題とされており、業界全体で取り組むことが期待されています。

介護業界は人材不足が続いており、そのため入社後に研修を行うなどがほとんどです。

そのため、まったくの未経験の方でも採用される可能性は高いです。

最初はアルバイトや契約社員という形で始めますが、実績が認められると正式に採用されます。

資格を取得したり、介護職員初任者研修などを終了しておくとさらに採用される可能性は高くなるでしょう。

資格を持っていれば未経験でも採用されやすい

このタイプの求人、介護業界からのヘルパー求人などは非常に多いです。

デイサービス、老人ホームなど求人サイトを使って東京都で調べてみると、10,000件以上見つかることがあります。

グループホーム、介護スタッフ、ホームヘルパーなどいろいろな種類があります。

未経験から正社員になりやすい仕事の数も東京都の場合はかなり多いです。

正社員として採用された場合の給与は20万円前後になります。

札幌、広島、熊本といった地方都市であっても高齢者介護の施設は増えている状況です。

ですから、求人自体見つからないと言うことはないといえます。

介護業界で働くとしても全く経験がない場合は働く時に不安を感じられるかもしれませんが、研修があるので基本的な知識や技術は身につけられるでしょう。

また実際の現場に行くときは最初のうちは先輩がついて教えてくれるところが多いので、安心してお年寄りと接することができます。

繰り返しとなりますが、この種の介護業界の仕事は経験がなくても資格を持っていれば、採用の時に有利になることがあります。

いろいろな資格がありますが、一番取りやすいのは介護職員初任者研修と呼ばれる資格で、これはホームヘルパー2級と同じものです。

この資格を取るのにそれほど時間はかかりません。最短で1ヶ月程度で取得できます。

介護業界への就職をお考えの方は、こうした資格、研修受講なども考えてみると良いでしょう。

正社員求人はココで見つける!オススメサイトをチェック