フリーターから就職するための情報源について掲載しています。未経験から正社員への就職。収入が安定しないフリーターから正社員へ就職するために活用した情報源。フリーターからの就職、現状ではまだまだ厳しい状況が続いています。しかし、正社員へ就職を決めている方も多いのも現実です。フリーターの就職について掲載しています。

求人数が増加している建築関係の仕事

東京オリンピック開催決定に伴い求人が増える建築関係

建築関係の職種は未経験から正社員になりやすい仕事です。

現在は景気が回復しており、都市部を中心に住宅の着工が増えています。

また東京オリンピックの開催が予定されているので関連設備の建設も始まる予定であり、東京のような都市部では高層マンションの建設も増えています。

いろいろなタイプの建築の仕事がありますが、特に多いのは現場で働くものです。

型枠工事や塗装、清掃、基礎工事など建築の現場を支える仕事をします。

設計や現場監督、施工管理といった専門的なものもあります。

オリンピックの関係で土建、建築関係の求人需要が増加する地域は限定されると見る向きもありますが、全国的に見て求人数が増えることは間違いないでしょう。

建築関連を目指す方にとっては、この先数年は正社員求人も比較的見つけやすいのではないでしょうか。

建築関係で持っていると有利になる資格

フリーターから正社員を目指す場合には、就職を希望する仕事と今までの経験がどう役立つかを志望動機として考える事が重要です。

アルバイト経験しかないとしても、その仕事で得た事をまずは紙に書き出してポジティブな部分をまとめると良いでしょう。

全国規模でこの種の求人を探してみると、10,000件以上見つかることがあります。

現場で働くものはアルバイトや派遣社員のものもありますが、現場監督のような責任のあるものだったら未経験から正社員になりやすい仕事が多いです。

都市部の募集が多くなっていますが、福岡や札幌といった地方の都市でも求人があります。

震災復興需要がある東北地方でもこの種の仕事は見つけやすくなっています。

未経験と言っても研修が行われて、現場で先輩の社員が仕事の仕方を教えてくれるので、働きにくいと言うことはありません。

建築関係の仕事に就く時に有利になる資格があります。

建築士、施工管理技士、CADの資格などが特に優遇されます。

建築士や施工管理技士の資格をとるのはやや難しいですが、CADは比較的取りやすいもので特にCAD利用技術者試験2級は比較的簡単な試験です。

合格率は70%以上で、受験資格は特に決められていません。学校や通信講座もあります。

こうした資格を取得して正社員として就職することに成功した方も多いですから、金銭的に出すことが出来る場合には資格取得も検討してみてはいかがでしょうか。

正社員求人はココで見つける!オススメサイトをチェック