フリーターから就職するための情報源について掲載しています。未経験から正社員への就職。収入が安定しないフリーターから正社員へ就職するために活用した情報源。フリーターからの就職、現状ではまだまだ厳しい状況が続いています。しかし、正社員へ就職を決めている方も多いのも現実です。フリーターの就職について掲載しています。

年金の受取額にも違いが

差がつくのは生涯賃金だけではない

フリーターの生涯賃金は約6000万円

しかもこの数字は38年間きっちり働き続けたうえでの数字です。

実際には不安定な雇用環境や年齢などの問題でずっと働き続けるのは不可能でしょう

急に解雇されたり、なかなか仕事が見つからなかったりで空白期間が長く、実際にこの生涯賃金を稼げるフリーターはほとんどいないはずです。

それに対して正社員の生涯賃金は大卒で約3億円

そのうえ雇用の保障もありますから、こちらは38年間働き続ける設定が十分現実的なものなります。

これだけ決定的な差がある以上、フリーターはできるだけ早く正社員を目指すべき、ということになります。

しかし差はそれだけではありません。

働いている間の生涯賃金だけでなく、年金生活に入った後の収入にも大きな差が生じるのです

もらえる年金の額にも大きな違いが

年金は現在65歳から受け取ることができます。

そしてそれまでにどれだけ支払っていたかで受け取れる金額が異なってきます

正社員の場合は国民年金に加えて企業年金にも加入しているのケースがほとんどで、その平均は約4277万円です。

それに対してフリーターの場合は国民年金のみとなりますから、平均1166万円

この点でも非常に大きな差が出てくるのです。

しかもフリーターの場合、不安定な環境から年金を支払わないケースも多くなります。

実際に受け取れる金額は少なくなるとみてよいでしょう。

ここまで差を強調されると悲しくなってくるフリーターも多いかもしれません。

しかし働いている間だけではなく、老後にも格差が生じるということはしっかりと踏まえておくべき現実なのでしょう。

正社員求人はココで見つける!オススメサイトをチェック