フリーターから就職するための情報源について掲載しています。未経験から正社員への就職。収入が安定しないフリーターから正社員へ就職するために活用した情報源。フリーターからの就職、現状ではまだまだ厳しい状況が続いています。しかし、正社員へ就職を決めている方も多いのも現実です。フリーターの就職について掲載しています。

正社員求人が増える時期

就活に特に力を入れたいのは求人数が増える時期

フリーターから正社員になるためには就活する時期も重要です。
あえて就活に不利な時期を選ぶ必要はないですよね。

ただ、もし事情があって時期に関わらず早く就職する必要がある場合には、求人が増える時期や企業の採用ニーズが高まる時期を待って就活をするのは厳しいかもしれませんね。

フリーターは中途採用を狙っての就職活動となりますので、新卒就活のように就活スケジュールといったものはありません。

好きな時、正社員になろう、と思った時に就活をスタートすることが出来ます。

フリーターから正社員就職を成功させるために抑えておきたいのが、就活の時期です。
採用されやすい時期、企業から内定をもらいやすい時期、を狙うのも就活のコツとなります。

求人が増える時期、採用ニーズが高くなる時期に就職活動をする

一年の中でも正社員求人数が増える時期、減る時期とがあります。

求人が減る5月、8月、12月の就職活動

求人が減る時期はそれだけ人材採用の需要が減っていますから、あまり就職活動には向いていませんね。

ただ、中途採用は欠員募集など企業にも事情があり、求人サイトやハローワーク、人材紹介会社などに募集を掲載しています。

見方を変えればその時期に募集があると言うことは、よほど人材採用をしたいという企業である、と考えられなくも無いです。

しかし、全体の求人が少ないということは職種の選択肢なども少なく、不採用になってしまった場合次に応募したい企業がなかなか見つからない、といった可能性もある時期と言えます。

求人が減る時期としては、

・5月
・8月
・12月

があります。
ゴールデンウィークにお盆、年末年始ですね。

この時期の前に就活をスタートすると連休を挟み、採用選考も一旦ストップします。
出来れば就職活動は連続して行いたいもの。

連休を挟むことが分かっている場合には、連休明けに求人へ応募するなどした方が良いでしょう。

求人が増える1月、2月、3月、9月、10月の就職活動

一年を通して最も求人数が増えるのが、年明けの1月からです。

1月、2月、3月にかけて求人数が増え、企業の採用活動も活発になります。

冬のボーナス支給後の退職者も増える時期ですし、年度末に向けて退職者も増えます。

また、大手企業や全国に支社などがある企業では、異動辞令に対して転勤したくないと退職者も一定数出る時期です。

そうした欠員募集に対しての中途採用が増える時期でもあります。
新年度である4月入社に合わせて中途採用を行う企業はとても多いですね。

その中で、一定数の未経験者歓迎の求人も出てきます。

次に採用するなら真っさらな未経験者を採用したい、20代の既卒、大学中退、フリーターといった方を採用して育てたい、という企業もあります。

業種・職種的にフリーター歓迎、未経験者歓迎のお仕事もありますよね。

職歴なし、社会人経験無しのフリーターの方も、この時期は応募しやすい未経験者歓迎の正社員求人が見つけやすい時期となります。

フリーター脱出は20代の間に成功させよう!

職歴なし・社会人未経験、フリーターから正社員就職を目指すのであれば有利なのは20代の間です。

未経験からの就職は若い方が有利

まず、やはり年齢が若い方が未経験からの正社員就職には有利です。

30代になってからのフリーター就職が難しい理由は、企業の多くが30代には即戦力を求めるからです。

また、30代で未経験者を採用した場合には上司が年下になる可能性が非常に高く、実際問題としてやりにくい事が多い、といったことも挙げられます。

20代は失敗しても許されやすい年齢です。

採用してからも30代よりも長く働ける期間が長いことも、20代を優先して中途採用する企業が多い理由といえるでしょう。

20代は熱意、ポテンシャル採用してもらいやすい

未経験から就職を目指す際に、熱意やポテンシャルを買ってもらい、採用してもらいやすいのは20代です。

採用してからの教育期間、活躍してもらえる期間などを考えて、伸びしろがある20代なら未経験者でも採用したい。
そう考える企業は多いです。

もちろん、特別なスキルや経験を必要としない職種がメインとはなりますが、職歴なしフリーターの方も、求人を選んで応募することで十分に中途採用してもらえる可能性はあります。

仕事への熱意、志望動機などを直接伝える、面接対策がとても重要になりますね。

しっかりと就活準備をすることで、20代後半のフリーターの方でも正社員就職できるチャンスは十分にあると言えます。

フリーターから正社員就職、時期を選ぶ重要性

就職活動をする場合、時期も重要ということでお伝えしています。

そもそもの正社員求人が見つからなければ、就職できる可能性がありません。

そしてさらには、正社員求人の中でもフリーターが採用されやすいと考えられる未経験可の正社員求人はもっと少なくなります。

ですから少しでも採用される可能性を高めるためにも、正社員求人が増える時期にはいつも以上に就活をしたいところではないでしょうか。

一年を通して見てみると、正社員求人が増える時期、減る時期があるということでした。

求人が増える時期に就活のモチベーションが下がったからちょっと休もう・・・と行った事になると、後からきっと後悔しそうな気がします。

就活のモチベーションを上手くキープして、求人が増える時期に集中して就職活動を行うことも重要ですね。

正社員求人が増える時期を大まかで構いませんから、抑えておきましょう。

フリーターにとっては1歳年を取ると、就職するハードルが上がってしまうという現実があります。

特に29歳と30歳では書類選考の成否も大きく変わると言われます。

「30歳の壁」と言われることもありますが、未経験者向けの正社員求人が一気に減る年齢です。

気づかないうちに応募のチャンスを逃してしまっていた、と言うことにならないためにも定期的に求人情報はチェックしておきたいですね。

フリーターから正社員になる、内定率の高い就活をするには

フリーターから正社員就職を目指す場合、手当たり次第に求人へ応募していては内定獲得は難しいですよね。

就職を狙う職種は、ある程度は絞った方が良いでしょう。
業界研究もしやすくなりますし、競合他社と比べなぜ御社への入社を志望しているか、といったアピールも作りやすくなると思います。

もし、フリーター歴が長く就職活動をするにあたり不安があったり、自信が無い場合には特にオススメしたいのが、

フリーター向け就職支援サイト

を活用する方法です。

就職活動のプロが担当者として付いて、マンツーマンで内定獲得まで就活をサポートしてくれます。

リアルタイムな就活情報、応募先に合わせた面接対策、応募書類の添削などはもちろん、就職に関する相談が何でも出来ます。

一人での就活は悩む事も多いと思います。

ましてフリーターから正社員就職を目指す場合、フリーター期間が長いほど就活が難しくなりますからね。

人手不足の業界・職種の求人を狙うと、採用されやすいといえますね。

エンジニアの人手不足はかなり深刻と言われています。
営業職は常に求人が見られる職種です。

事務職も希少性がありますが、特に女性から人気の高い職種ですね。
全く求人が無いわけではありませんから、事務職へ就職を希望されている女性フリーターの方などは、相談してみてはいかがでしょうか。

求人数が増減する時期は基本的には以下のような動きになります。

【求人数が増える時期】1月~3月
【求人数が減る時期】5月、8月、12月

この時期は就職支援サイトにも多数の人材採用が依頼されます。

フリーター就職支援サービスは主に20代のフリーター、第二新卒者、既卒者を対象にしており、未経験可の正社員求人ばかりを集めたもの。

ですから、こうした就職支援を利用できる地域にお住まいの方は、利用を検討してみてはいかがでしょうか。

独自の求人もあるようですし、優良企業からの正社員求人がある場合も。
自分一人で情報収集をしているときよりも、就活の進展が見られるかもしれません。

フリーター就活の強い味方、フリーター就職支援サービス

フリーター就職支援サービスには、スキルを身につけてから就職を目指すタイプと、未経験可の正社員求人をたくさん企業から集めて、カウンセリングをした上で適性や希望などに合わせて就職サポートを行うタイプなどがあります。

フリーター就活におすすめ!正社員求人が見つかる就職サイトのページで詳しく掲載していますが、

などがあります。

過去にどういった企業へ就職サポートを行ったのかなどは、詳しくはそれぞれの公式サイトにてご確認ください。

正社員求人はココで見つける!オススメサイトをチェック