フリーターから就職するための情報源について掲載しています。未経験から正社員への就職。収入が安定しないフリーターから正社員へ就職するために活用した情報源。フリーターからの就職、現状ではまだまだ厳しい状況が続いています。しかし、正社員へ就職を決めている方も多いのも現実です。フリーターの就職について掲載しています。

介護業界に応募する際の書類作成のポイント

応募書類で自分の能力をアピールする

人手不足に陥っているからといって、未経験が即採用されるほど介護業界は甘くはありません。

自分がどんなスキルと知識を持っており、どういった分野で力を発揮できるのか、介護施設にとって「使える」人材なのかどうかを証明する必要があります。

その大前提となるのが応募書類、つまり履歴書や職務経歴書などです。

未経験の場合、過去の職歴を書くことができないと悩むことが多いようです。

介護職の場合はとくに他の業種にはない仕事内容が求められるため、未経験はアピール材料を見つけにくいもの。

しかし、直接役立つ職歴ではなくても過去の仕事の経験は重要なアピールポイントとなります。

なぜ介護の仕事を選んだのか、という点を明確に

具体的にはどういった点がアピールになるでしょうか。

たとえば接客業

介護業界では利用者やその家族とのコミュニケーションと信頼関係が求められるので、接客業で得たスキルは必ず役立ちます。

あるいは医療関連の施設での経験は重宝される傾向があります。

それから志望動機も大事です。

経験がないからこそ、なぜ介護業界への転職を志したのかを明確にする必要があるのです。

ポイントはなぜ介護という仕事を選んだのかを明確にできるかという点。

たとえば親が高齢で健康を害したこともあって介護の大切さを思い知った、社会の役に立てる仕事につきたかった、など。

表面を取り繕ったようなきれいごとで終始せず、素直な気持ちを正直に書いていくことも大事です。

無理して経験や職歴を作り上げる必要はありません。
熱意とその裏づけとなる経験をアピールできれば未経験でも採用されるよい応募書類を作ることができるでしょう。

正社員求人はココで見つける!オススメサイトをチェック