フリーターから就職するための情報源について掲載しています。未経験から正社員への就職。収入が安定しないフリーターから正社員へ就職するために活用した情報源。フリーターからの就職、現状ではまだまだ厳しい状況が続いています。しかし、正社員へ就職を決めている方も多いのも現実です。フリーターの就職について掲載しています。

応募先の業務形態を把握しておこう

イメージだけでなく介護業界の実態や携帯を理解しておく

未経験が介護職への転職を目指す場合、介護業界の実態や形態を理解しないまま応募してしまうこともよくあります。

「介護=高齢者の世話」のイメージだけで未経験可な求人を探し、給料や待遇がよさそうなところに応募してしまうパターンです。

そして採用されて実際に仕事に就くと現実との壁に行き当たってしまい「こんなはずじゃなかった」と離職してしまうケースもよく起こります。

それだけに、応募先の情報をよく把握しておく必要があるわけですが、とくに重要なのが業務形態。

介護業界にはさまざまな業務形態があります。

それによって仕事の内容、スタッフに求められる資質が異なってくるのです。

とくに未経験の場合は雑用を担当することが多いため、業務形態によって就業環境がずいぶんと異なってきます。

「どこで」「どのような形で」介護サービスを提供するか

では介護業界の業務形態についてどういった点を覚えておくとよいのでしょうか。

重要なのは「どこで」「どのような形で」介護サービスを提供するかということです。

まず「どこで」の部分は介護施設で行うか、介護を必要とする人の自宅へ赴いて行うか。

「どのような形で」は利用者が入所して生活を送りながらサービスを受けるのか、あるいは自宅から通いながらサービスを受けるのか。

このような業務形態ごとにスタッフの仕事内容に大きな違いが出てきます。

入所施設なら24時間体制なので夜勤がどうしても必要になります。

また利用者の自宅に通う訪問入浴は1日に何軒も回って仕事を行うため、利用者一人ひとりの健康状態の把握が不可欠になります。

未経験はこうした環境の違いに適応しながら仕事を覚えていくことになるわけです。

転職を目指す場合にはこの点にも配慮して応募先を決めるようにしましょう。

正社員求人はココで見つける!オススメサイトをチェック