フリーターから就職するための情報源について掲載しています。未経験から正社員への就職。収入が安定しないフリーターから正社員へ就職するために活用した情報源。フリーターからの就職、現状ではまだまだ厳しい状況が続いています。しかし、正社員へ就職を決めている方も多いのも現実です。フリーターの就職について掲載しています。

介護業界へ就職、求められる資格について

介護の仕事で即戦力として働くには

介護業界は未経験者でも採用されやすいと言われています。

しかしそれはこの業界の仕事が簡単だったり、誰にでも勤まるからではなく、人手不足が大きな原因です。

離職率が高い、という現実はしっかりと認識しておくことが必要です。

離職率は高いですが、理想を持って介護の仕事に取り組んでいる人も多いです。

そうした方達は、業界の待遇改善に向けて動いたりもしています。

むしろ仕事が難しく、きつい部分が多いからこそ人手不足に陥っているとも言えます。

ですから未経験で就職した場合もすぐに相応のスキルが求められるようになります。

その際に必須となるのが資格です。

介護関連の資格にはさまざまな種類があります。

この業界で働こうと思ったら何かしら資格を取得するのが大前提となるのです。

未経験で就職した場合でも、働きながら資格取得を求められるのが一般的です。

介護業界で働くのに必要な資格

では介護施設で働くスタッフはどのような資格を持っているのでしょうか。

2009年度のデータとなりますが、全体の48.2%がホームヘルパー2級の資格を保有しています。

これが最低限必須の資格とも言われています。

ついで介護福祉士が30.3%。

この2つが介護業界の現場で活躍している主な資格です。

そのほかでは看護師・准看護師が12.1パーセント、介護支援専門員が10%、ホームヘルパー1級が4.7%と続きます。

なお、無資格はわずか5.6%となっています。

これを見ても未経験者も早い段階で資格を取得している様子が窺えます。

未経験から介護業界への就職を目指す場合には、その後どんな資格を取得するのかもあらかじめイメージしておく必要があります。

それは将来介護業界でどんな仕事をしたいのか、活躍をしていきたいのかをイメージすることも意味します。

将来的なビジョンも踏まえたうえで就職活動を行っていくとよいでしょう。

正社員求人はココで見つける!オススメサイトをチェック