フリーターから就職するための情報源について掲載しています。未経験から正社員への就職。収入が安定しないフリーターから正社員へ就職するために活用した情報源。フリーターからの就職、現状ではまだまだ厳しい状況が続いています。しかし、正社員へ就職を決めている方も多いのも現実です。フリーターの就職について掲載しています。

未経験から介護業界へ就職を目指す

未経験でも就職しやすい業種

フリーター歓迎の仕事を探してみると、いくつか代表的な業界、職種が絞られてきます。

営業、フードビジネス、引越・運送、介護業界など。

その中の一つとして、介護業界の仕事についてみていこうと思います。

介護業界は慢性的な人手不足に陥っているといわれています。

高齢化社会が急速に進み、介護サービスの需要が高まっている一方で、人手の確保が十分に進んでいない面があるからです。

そのため、どの施設でも積極的な人材の募集を行っています。

未経験者を歓迎する求人も多いです。

厳しい雇用環境が続く現代社会において数少ない「就職しやすい業種」ともなっています。

では未経験から介護業界へ就職することは可能なのでしょうか。

人手不足なのですから、未経験でもすぐに採用してもらうことができるような印象もあります。

実際、介護業界の求人情報を見ても「未経験可」となっているところが多く、経験の有無が大きな判断材料とはなっていないと言えます。

ただ、介護業界で働いていこうと思った場合には資格の取得は必須です。

高齢者や要介護の方にサービスを提供しますし、介護の知識を持っていることはとても大切な事です。

施設としてはなんらかの資格や実務経験がある人材の方を歓迎するのは言うまでもありません。

ですから条件の良い、人気の高い求人の場合は未経験が不利になることもあるでしょう。

また、未経験で採用された場合でも、働きながら資格取得を求められるのが一般的。

元々忙しい仕事の上、人手不足に陥っているわけですから、当面の間は仕事と勉強漬けの生活になることを覚悟しなければなりません。

このように、未経験から介護業界へ就職するのはそれほどハードルの高いことではありません。

しかしその後職場に適応するにはそれなりの努力が必要となることだけは覚えておく必要があるでしょう。

それほど甘い仕事ではなく、経験不足を熱意でカバーする心構えも求められます。

介護業界で働くのに必要な資格とは

資格に関して言うと、介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)の資格を取得する方は多いですね。

資格を取得すれば、就職できる可能性はとても高いのが介護業界となります。

求人要項として、

「ヘルパー2級以上または、介護職員初任者研修修了、介護福祉士、介護職員実務者研修修了、介護職員基礎研修修了の何れかお持ちの方」

などの記述がある場合も多いです。

逆に「無資格の方も歓迎します」という求人もあります。

実際、フリーターから介護業界を目指す事を決断、介護職員初任者研修を終了して就職を決めた方も多いんです。

就職先としては、有料老人ホーム、グループホーム、サービス付き高齢者向け住宅などがあります。

今後も求人は増えると考えられていますから、就職先となる職場の種類も増えるかもしれませんね。

正社員求人はココで見つける!オススメサイトをチェック