フリーターから就職するための情報源について掲載しています。未経験から正社員への就職。収入が安定しないフリーターから正社員へ就職するために活用した情報源。フリーターからの就職、現状ではまだまだ厳しい状況が続いています。しかし、正社員へ就職を決めている方も多いのも現実です。フリーターの就職について掲載しています。

正社員就職、夢を諦める必要はある?

正社員になるために夢を捨てるべきか

フリーターの間は夢を追いかけていられたけれども、正社員になれば諦めなければならない…そう思っている方も多いと思います。

実際、アルバイトしながら夢を持って生きているフリーターも多いですよね。

「何となく就職したくないし、フリーターの方が楽でいいかな…」という方と違い、明確に夢を持ち、夢の実現のためにアルバイト生活を続ける方がポジティブに生きられると思います。

しかし30歳が近付くに連れ、どんどん自分の年齢を意識する、もう若くない、夢を諦めて就職しようかな…と揺れる思いを抱え、中途半端に正社員を目指す方もいらっしゃるでしょう。

企業や就職して新たなやり甲斐、仕事の充実感を得られることもありますし、一概に「夢を捨てる必要はない」とは言えませんが、正社員として就職しても、追い続けられる夢もあるのではないでしょうか?

確かに社員になれば、フリーター時代よりも責任が重くなります。仕事上のポジション・役割も重くなりますし、残業も増えることでしょう。

時に休日出勤することもあれば、仕事メインで生きている同僚や上司の姿を見るかもしれません。

しかし、正社員就職と転職を繰り返した立場から申し上げれば、会社によってスタンスは異なります。

24時間仕事漬け、自宅に帰っても仕事をしたり、知識を吸収する必要がある仕事もあれば、時間に余裕がある正社員もいます。

どんなに忙しい仕事でも、労働基準法で労働時間は決まっていますし、最近はサービス残業も少しずつ減っていますから、プライベートの時間が全く取れない、ということはないでしょう

正社員はゴールではありません

意識の問題として、正社員の方がアルバイトより会社の看板を背負うのは確かですが、夢の種類によっては充分に目指せると思います。

漫画家になりたい、小説家になりたい…諦める必要はありませんよね。自宅で出来るわけですから。

劇団を主宰していたり、自主制作映画を撮っている場合は、もしかしたら時間がないかもしれませんが、関わり方を変えて継続することも出来るのではないでしょうか。

もう一度、自分自身に問いかけて頂きたいのは、

「夢を諦める理由を、正社員就職のせいにしていないか?」

ということです。

夢を追いかけるのは疲れた、そろそろ正社員になって安定した生活を手に入れたい…そう思われるかもしれませんが、正社員になっても安定はありません。

フリーターよりは立場が安定しますが、それでもリストラの危険はありますし、ボーナスカットの会社もあるでしょう。

中途半端に夢を諦めて正社員就職しても、なかなか仕事が続かないのではないでしょうか?

「夢だけを追い求める生き方に区切りを付けて、今後は地に足を付けながら可能性を考えたい」、そのように思って正社員を目指す方が建設的だし、日々充実して生きることが出来ますね。

夢に疲れて就職しても後悔だけが残りますから、上記を参考にして頂ければと思います。

正社員求人はココで見つける!オススメサイトをチェック