フリーターから就職するための情報源について掲載しています。未経験から正社員への就職。収入が安定しないフリーターから正社員へ就職するために活用した情報源。フリーターからの就職、現状ではまだまだ厳しい状況が続いています。しかし、正社員へ就職を決めている方も多いのも現実です。フリーターの就職について掲載しています。

フリーターを辞めて正社員を目指すきっかけ

フリーターから正社員を目指す理由

フリーターを辞めて正社員を目指すきっかけは様々です。

30歳間近で将来を考えることもあれば、人間関係、新しいことに挑戦したいなど、人によって違いますね。

中でも多い理由としては、やはり将来への不安ではないでしょうか

今のままだと先行きが不安、未来を考えると正社員として就職したい…そのように考えているフリーターが多いように思います。

知人の20代フリーターも、「今のままだとヤバい」と言っていました。27歳になり、真剣に将来を考えると、フリーターのまま28歳、29歳になるのは恐ろしいようです。

若い内は実家で親のすねをかじることが出来ても、その両親も確実に高齢になりますし、高齢になれば介護の問題も出てくるんですよね。そして介護が必要になればお金も掛かります。

フリーターとしてアルバイトを掛け持ちして、正社員より稼いでいる方もいますが、それでも30代となり、30代後半、40代になれば体力が低下しますし、若い頃と同じように働くことは難しいでしょう。

そのような理由から、正社員を目指して就職活動されるフリーターもいますね。

アルバイトは立場が弱い?

アルバイトは基本的に賞与(ボーナス)が支給されませんし、社会保険や雇用保険などの保険関係でも、正社員より不利な面が強いです

職歴に関しても、アルバイトやパートの勤務経験は評価されないケースが多く、正社員とは明確な差がありますね。

以前、テレビ番組で有名な社長が「いくらバイトしても職歴にならないんだよ!」と言っていましたが、まさに採用側の気持ちを代弁しているのではないでしょうか。

私も企業で採用担当を行っていましたが、履歴書・職務経歴書にアルバイト経験が書かれていても、そこまで評価対象になることはありませんでした。

バイト経験が長い方に関しては、人柄や性格重視で評価していましたが、逆に正社員や準社員、契約社員の場合は、どこに勤めていたのか? どのような仕事を行ってきたのか? を評価するようにしていましたね。

そのように転職活動に関しても違いが生じることになりますので、将来を考えるなら、フリーターから正社員を目指すと良いでしょう。

その際は人材紹介会社・就職支援サイトを利用すると良いですね。

無料で活用できますので、まずは求人探しから始めてみて下さい。

正社員求人はココで見つける!オススメサイトをチェック