フリーターから就職するための情報源について掲載しています。未経験から正社員への就職。収入が安定しないフリーターから正社員へ就職するために活用した情報源。フリーターからの就職、現状ではまだまだ厳しい状況が続いています。しかし、正社員へ就職を決めている方も多いのも現実です。フリーターの就職について掲載しています。

フリーターを辞めたいのに、就職活動が進まない理由

バイトを辞められなくて就活できない・・・

フリーターを辞めたいのに、就職活動が進まないことがありますよね。

ちょうど私の弟が同じ状況です。

弟は現在27歳、コンビニを掛け持ちで働いています。

そのコンビニで正社員に誘われているそうですが、「コンビニの社員は大変だから・・・」と言ってアルバイトを続けているんですよね。

先日久々に会ったのですが、「そろそろ転職したい。コンビニ以外で正社員になりたい」と言っていました。

しかし話を聞くと、積極的に就職活動できない理由があるのです。

それは、辞めようとしても周囲に引き留められる、という状況ですね。

人手が足りないためにコンビニを掛け持ちして働いているわけですが、弟は頼まれたら嫌と言えない性格ですし、結果的に5年以上コンビニで働いていることになります。

フリーターを辞めたいのに就職活動が進まない理由として、そのように周りから引き留められている、という状況も多いのではないでしょうか?

しかし人生は一度しかありませんし、時の経過は早いものです。

気づけば20代後半、30歳を超えることになりますね。そして30歳を過ぎれば、途端に正社員就職が難しくなります。

企業としては、30歳なら30歳の経験を積んでいる人材を採用したいと考えますし、35歳なら35歳のスキルとキャリアを期待します。

そして往々にして、年齢を重ねれば重ねるほど、就職・転職は難しくなるものです。

周囲から引き留められても、法律上は2週間前に退職の意思を伝えれば問題ないと思いますし、それが厳しいなら1カ月後に退職します、2ヵ月後に必ず辞めます、と伝えても良いでしょう。

この現状を打破するには

気を付ける点としては、そのように引き留められていることを正当化していないか? ということですね。

積極的に就職活動が出来ない理由として、「私は周りに引き留められているし、今のバイト先で必要とされているから・・・」と本音をごまかしていないか、行動しないことを正当化していないか、ということです。

第一歩を踏み出すのは、誰にとっても勇気が要ります。バイト経験が長ければ長いほど、正社員就職を本気で考えられないかもしれません。

しかし今と同じ生活、今と同じ毎日を過ごしている限り、何も変わらないんですよね。

アクティブに正社員を目指して就職活動を行うには、今の状況に危機感を感じ、目標を立て、その目標が達成できるようにセルフイメージを高めて下さい。

決意を持って第一歩を踏み出すだけでも、状況は一気に変わりますよ。そして、第一歩を踏み出すことはとても簡単なんです。

まずは求人サイトへ無料登録を行い、正社員の求人探しをスタートさせましょう。

正社員になればフリーターより安定しますし、給与アップも期待できると思います。

賞与(ボーナス)を支給している会社もありますし、そのようなメリットを具体的にイメージしながら、小さな第一歩(求人サイトへの登録)を踏み出しましょうね。

フリーターを脱出して、正社員として働きたい方は、20代前半、20代後半、30代と年代別に就職サイトや就活に役立つサイトを紹介した、

年代別!フリーターから正社員になる方法

も参考にしてみてください。

正社員求人はココで見つける!オススメサイトをチェック