フリーターから就職するための情報源について掲載しています。未経験から正社員への就職。収入が安定しないフリーターから正社員へ就職するために活用した情報源。フリーターからの就職、現状ではまだまだ厳しい状況が続いています。しかし、正社員へ就職を決めている方も多いのも現実です。フリーターの就職について掲載しています。

フリーターだからといって正社員との違いに劣等感を持たない

人間性の優劣とは関係ない

どうしても避けられない世間の図式となっているのが「正社員はフリーターよりも良い、両者の間には決定的な違いがある」ということ。

これは正社員が根拠のない優劣感に浸っていることだけが必ずしも原因ではなく、当のフリーターの劣等感も大きな原因となっていることが多いようです。

その結果、正社員はますます偉いと思い込んでしまい、フリーターは自分が劣った存在だと思い込んでしまうわけです。

フリーターだからといって劣等感をもたないことが何よりも大事です。

確かに正社員はフリーターよりも恵まれた環境にあります。

その時点においては将来性も上回っているといえるでしょう。

だからといってそれが人間性そのものの優劣に結びつくわけではありません。

自信を持って就職活動を行うことが大切

正社員になれるかフリーターで働き続けるか。

その境界線は「運のよさ」であることも多いのです。

たとえば20代半ばの若者で正社員とフリーターの違い、優劣などどれだけつくでしょうか。

たまたま就職できた、運よく採用された、さらにはコネなどでうまく就職できた、そんなケースも少なくないのです。

大学に寄せられた求人票でたまたま応募したら内定をもらえた、といった場合もあるでしょう。

仕事は巡り合わせ、目の前の仕事に一生懸命に取り組む事が大切という方も多いです。

無意味な劣等感は就職活動にも悪影響を及ぼします。

正社員よりも劣っているから自分は採用されないだろう…など。

しかしこれまで述べてきたようにそういった劣等感の大半は根拠がないものです。

そうした考えは捨てて、今までのアルバイト経験などを棚卸しして自己PRを作ったり、志望動機を考えたりしましょう。

最初は難しいかもしれませんが、自信を持って就職活動を行っていくことも企業から内定を勝ち取るために重要になってくるのです。

正社員求人はココで見つける!オススメサイトをチェック